「スピード婚」のメリットとデメリット!失敗しないための心得は?

WEDDING

結婚といえば、それなりに慎重になって進めていくイメージがありますが、最近では「スピード婚」というワードもよく耳にします。
決して珍しいことではありませんが、離婚率も高いといわれているんです。
そこで今回は、スピード婚のメリット・デメリットについてご紹介します。

今やスピード婚は当たり前?

プロポーズされた女性出典:www.shutterstock.com

出会ってから結婚するまでの期間が短い結婚のことを意味する「スピード婚」。
最近は婚活などが流行っていますから、出会うときから結婚を意識している二人であれば、必然的にスピード婚になるでしょう。

そうでなくても、この人だと思えばすぐに結婚になることも。
一般的に交際期間が半年、長くても一年未満で結婚するとスピード婚と呼ばれるようですが、芸能界でも交際0日婚や3ヶ月で結婚した方もたくさんいますよね。

悪いことではありませんが、スピード婚は離婚率が高いと言われているのも事実。
何が問題なのでしょうか……スピード婚のメリットやデメリットについて見ていきましょう。

スピード婚のメリット

微笑む男女出典:www.shutterstock.com

まずはスピード婚のメリットです。

  • 結婚してもラブラブな関係が長く続く
  • 倦怠期突入前に結婚できる
  • お互いの欠点を見せずにいられる
  • 婚期を逃さずに済む

スピード婚をすることで、相手の嫌なところを見ずに結婚できることから、結婚に対してずるずる引きずらなくていいという声が多いようです。
そして相手に思いやりを持てている時期に結婚した方が、マンネリ化しにくいというメリットもあるようですね。

スピード婚のデメリット

悩む女性出典:www.shutterstock.com

続いてスピード婚によるデメリットです。

  • 後悔しても別れにくい
  • 後になって価値観の違いに気付く
  • 周囲の意見が厳しい
  • 結婚後の目的がなくなってしまう

相手のことをよく知らないまま結婚してしまうと、やはり一緒に生活してみてから価値観や意見が合わないということがあります。
そこに気付いても、お互いの家族が関係している以上簡単に別れられないというデメリットがあるようです。
スピード婚の場合、結婚を目的にしている方が多く、結婚後の生活を苦痛に感じてしまう方もいるそう。

スピード婚を失敗しないためのポイントは?

見つめ合う男女出典:www.shutterstock.com

スピード婚のカップルと交際3年以上で結婚したカップルを比較すると、スピード婚の離婚率は39%も高いという結果が出ているそうです。
スピード婚の場合、価値観が合わずに後悔したり、経済的な余裕がなかったり、浮気をされたりしたことで離婚に繋がってしまうようですね。

しかし、スピード婚でも上手くいっている夫婦はたくさんいます!
ではどのようなことに気を付ければ失敗しにくいのでしょうか。

  • 収入や金銭感覚を確かめる
  • 将来のことについて話し、価値観が合うか確かめる
  • 食の好み、睡眠欲、性欲という3大欲求の相性をみる
  • 店員さんなどに対する態度をみる
  • お酒を飲ませて本性を探る
  • 相手のご両親に会う

これらのことを確認しておくと、少しですが相手のことを短期間で知ることができ、結婚後の不安材料を少なくすることが期待できます。

スピード婚のメリット・デメリットについてご紹介しました。
離婚率が高いと言われているスピード婚ですが、仲良く夫婦生活を送っている方もいますので悪いことではありませんし、失敗しにくいポイントを意識していればデメリットを減らせるかもしれません。
ただ、あまりお互いのことを知らずに結婚をしてしまうと、後になって後悔することもありますので、お互いのことを知っていけたらいいですね。