リモート会議で気を付けるべき注意点とは?ルールやマナーをチェック!

LIFESTYLE

外出を控えている今、在宅で仕事をしている人も多いのではないでしょうか。
しかし、社内でのコミュニケーションは非常に大切であるゆえに、リモート会議を行う会社も少なくありません。
これまでは実際に顔を合わせていたのに、突然のリモート会議で「ルールが分からない!」と慌てている人もいるかもしれませんね。
今回は、リモート会議の際に気を付けるべき注意点を4つ例に挙げてご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2020.04.04

「リモート会議」で気を付けるべき注意点①セキュリティの配慮

リモート会議出典:www.shutterstock.com

まず、リモート会議を行うにあたって気を付けるポイントは、それぞれが自宅に会社の情報を持ち帰っているという意識を持つこと!
つまり、リモート会議を行う際には、セキュリティに対して気を付け、対策をとるということが大切です。

主な対策は、企業機密情報の漏洩やウイルス感染などのネット上の問題だけではなく、他にも注意点があります。
フリーWi-Fiの存在や、覗き見など様々なことにアンテナを張る必要があります。

「リモート会議」で気を付けるべき注意点②“隣にいない”意識を持つ

リモート会議出典:www.shutterstock.com

次にご紹介するリモート会議で気を付けるべき注意点は、リモート会議ではあくまで相手は“隣にいない”ということを意識すること。
つまり、表情や相槌等に気を付けるようにしましょう!

自分が発言をする際には喜怒哀楽が相手に伝わりやすいように気を付けること、そして相手が発言している時にはいつもよりオーバーな相槌を打つことを心がけましょう。

「リモート会議」で気を付けるべき注意点③服装とメイクはキレイめ&キチンと

リモート会議出典:www.shutterstock.com

リモート会議の時でも、服装やメイクには気を付けるようにすることも大切です。
家にいるからという理由で、ルームウェアやTシャツ、スウェットなどのカジュアルすぎる服装での参加は避けましょう。

メイクも普段出勤するときのようにフルメイクでいる必要はありませんが、ノーメイクはNGであるという注意点を把握しておくことが大切です。

リモート会議がある日には、ある程度キレイめな服装(衿のあるシャツや、ハイゲージのニットなど)で、眉毛を描いて口紅を塗っておくことをおすすめします。

「リモート会議」で気を付けるべき注意点④退出時のマナーを守る

リモート会議出典:www.shutterstock.com

会社で行う会議とは違って、リモート会議の際には退席時にはしっかりと意思表示をすることも、気を付けるべき注意点といえるでしょう。

会議が終了して退出するときだけでなく、トイレなどでやむを得ず離席をしたい場合には、断ってビデオをOFFにするのがマナーです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。