春夏秋冬OK!シャツ×カーディガンのおすすめレディースコーデ11選

FASHION

シャツ×カーディガンは、カジュアル感もきちんと感も出せる定番の組み合わせです。
しかしいつも同じようなコーデになってしまうと悩んでいませんか?
実はサイズや丈感、シャツをインするかアウトにするかによってイメージががらりと変わります。
そこで今回は、シャツとカーディガンを組み合わせたレディースコーディネートをご紹介しますよ!

シャツ×カーディガンは最強コンビ

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

シャツ×カーディガンは、程よい抜け感を演出しながらきちんと感を与えてくれる最強コンビです。
ボトムスの合わせ方やシャツ×カーディガンの着こなし方次第で、カジュアルにもキレイめにも決まるのが嬉しいポイント♡

なので、ラフさがほしい休日コーデにはもちろん、オフカジュアルコーデなどでも活躍してくれます。
今回は、季節別に真似したくなるシャツ×カーディガンのレディースコーデをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

春は、寒い日もあれば暖かい日もある季節。
季節の変わり目なので、その日の気温に合わせて防寒対策をしっかり行いながら、色で春らしさを出していきましょう。

春におすすめのシャツ×カーディガンコーデをご紹介します。

白×白でふんわり着こなして

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

春らしいコーデにしたいなら、白のシャツ×カーディガンが◎
ただ、白×白だとのっぺり感が出てしまうので、まっさらな白シャツに、クリームがかったようなアイボリー系のカーディガンを合わせるのがおすすめです。

少しでも白に違いを持たせることで、メリハリが生まれ、上級者感が漂うホワイトコーデにすることができますよ。
爽やかなシャツワンピースに黒のレギンスで程よく引き締めて、リラクシー感のある休日コーデにするのが人気です。

赤のカーディガンでディレクター巻きコーデ

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

暖かい日が続く春なら、カーディガンを着るのではなく、肩にかけたり巻いたりするような取り入れ方で差をつけてみましょう。
春らしいストライプのシャツに、薄手のカーディガンをディレクター巻きするだけで、こなれ感のある大人カジュアルコーデになります。

思い切って派手な赤などのカーディガンをセレクトすれば、コーデの差し色にもなってくれるので、遊び心もあるおしゃれコーデにすることができますよ。
カジュアルな分、ブーツで大人っぽさを出したお出かけコーデにするのがおすすめ!

くすみブルーが春っぽさを感じさせる

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

春は色で季節感を出すことも大切です。
まだ肌寒い日はほっこりするカーディガンをチョイスしながら、くすみブルーでシーズンムードを高めてみましょう。

白のシャツ×スカートコーデに羽織れば、女性らしい柔らかさのあるスタイルになります。
ふんわりなびくチュールスカートのようなアイテムが女性らしさをアップしてくれるので、春のデートにもぴったり!

バッグやシューズなどもかっちりした黒などではなく、ベージュやカーキなどを選ぶのがおすすめです。

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

夏は爽やかさを意識したシャツ×カーディガンコーデにシフト!
Tシャツにしたり、薄手のカーディガンにしたりして、軽やかさも演出していくといいですよ。

夏におすすめのシャツ×カーディガンコーデをご紹介します。

プリーツスカートでキレイめコーデ

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

シャツ×カーディガンに、人気のプリーツスカートをプラスすれば、女性らしくて品のあるキレイめコーデにすることができます。
ラフさのあるシャツ×カーディガンの組み合わせでも、プリーツスカートがきちんと引き締めてくれるんです。

巾着バッグやサンダルなどで夏らしさを出し、大人のデートコーデやリゾート感あふれるリラクシーなコーデに仕上げましょう。
ゆったり感のあるカーディガンをざっくり羽織れば、より抜け感のあるスタイルにすることができますよ。

上半身はベーシックカラーで統一しつつ、スカートをネイビー系にすれば大人マリンなコーデの完成です。

ネイビーを選んで夏らしく

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

シンプルな白のシャツにネイビーのカーディガンを羽織るのもGOOD。
黒よりも重くないネイビーは、夏の深い海をイメージさせてくれる色でもあるので、爽やかさや落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

また、ネイビーのカーディガンは、どんな色やアイテムにも合わせやすいので、春夏トレンドのミントカラーやピスタチオカラーのボトムスと合わせてもおしゃれに決まりますよ。
トレンドカラーや夏らしいビーチサンダルなどを上手に混ぜながら、デイリー使いしやすい楽ちんコーデを楽しんでみてください。

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

秋も春と同じように季節の変わり目なので、その日にあった厚さのカーディガンをチョイスしてみて!
さらに秋らしさを演出できるように、色使いにこだわりながらコーディネートしていくといいですよ。

秋におすすめのシャツ×カーディガンコーデをご紹介します。

秋カラーのブラウンをセレクト

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

秋と言えばやっぱりブラウンカラー!
落ち着いた印象を与えるベージュのシャツに、ブラウンのカーディガンを合わせれば、秋らしいだけでなくナチュラルなアースカラーコーデにすることができますよ。

デニムパンツで崩せば、キレイめカジュアルコーデになるので、女友達とのランチやショッピングにぴったりです。

トレンド感をプラスしてくれるビッグシルエットのシャツは、デニムパンツにインするのが◎
ウエスト周りをすっきりさせてバランスを取るのがおしゃれです。

グレーのニットカーディガンで柔らかい着こなしに

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

寒い秋の日は、厚手のニットカーディガンであったかコーデを作りましょう。

シンプルな白シャツに合わせるのは、グレーのニットカーディガン♡
抜け感も上品さもあるグレーは、柔らかい着こなしもできる万能カラーです。

カジュアルなパンツスタイルには、レースやフリル付きのシャツで可愛らしさや甘さをプラスしてみて!
パンツスタイルなのに女の子らしいコーデになるので、アクティブなデートコーデに◎

スキニーコーデで大人カジュアル

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

ボリュームのあるニットカーディガンなら、スキニーデニムのようなタイトなボトムスを合わせると◎
コーデ全体のバランスが良くなりますよ。

ハイウエストタイプを選べば、スタイルアップ効果も狙える休日スタイルの完成♡

シャツ×カーディガン×スキニーで、定番の大人カジュアルコーデにトライしてみてください。
このとき、首、手首、足首の3点を出すようにすると、カジュアルだけど女性らしいレディースコーデになります。

グリーン×キャメルで一気に秋コーデ

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

秋らしいシャツ×カーディガンコーデを楽しみたいなら、深みのあるグリーンのカーディガンを白シャツに合わせるのもGOOD。
さらにキャメルのパンツを持ってくれば、一気に落ち着いた大人の秋コーデになります。

キレイめバッグできちん感をプラスしつつ、スニーカーで着崩せば、周りの友達と差がつく大人カジュアルスタイルが完成しますよ。
スニーカーからパンプスにチェンジすれば、オフカジュアルコーデにもなるので、その日の気分に合わせて足元を替えてみましょう。

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

暗めの色や厚手のコーデになちがちな冬は、シャツ×カーディガンのコーデで適度に軽さを出してみて!
色も明るめにすれば、こなれ感を演出することができますよ。

冬におすすめのシャツ×カーディガンコーデを見ていきましょう。

オフィスにもおすすめのボリュームスリーブシャツ

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

きちんと感のあるボリュームスリーブシャツは、オフィスにもおすすめのアイテム。
厚手のニットカーディガンを合わせつつ、きちんと感のあるパンツを持ってくれば、おしゃれなオフカジュアルコーデの完成です!

冬はあえてベージュのような淡く優しい色で統一するのがイマドキ風。
足元のパンプスだけ暗めの色でかっちり感を出し、適度に抜け感のあるスタイルにした方が、周りも親しみやすさを感じてくれるでしょう。

スタイルアップを狙いたいときは、ウエストマークをするとGOOD。

バンドカラーシャツがコーデの主役に

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

カジュアルにもキレイめにも見せることができるバンドカラーシャツは、大人女子の定番アイテム!
冬は白のバンドカラーシャツを主役に、ラフに羽織れるニットカーディガンをチョイスしてみてください。

ゆったりしたアイテムの組み合わせは、大人女子のリラックススタイルに最適です。
さらにワイドパンツを合わせて、きっちりまとめないところもポイント。

パイソン柄のバッグやシルバーのシューズをアクセントに、こなれ感を演出していきましょう。

シャツ×カーディガンをうまく着こなして

シャツ×カーディガンコーデ出典:wear.jp

おしゃれなシャツ×カーディガンのレディースコーデをご紹介しました。
トレンドに左右されないアイテム同士だからこそ、どの季節でも使える万能な組み合わせです。
コーデによって雰囲気もガラッと変わるので、着こなしをマスターしておしゃれを楽しんでいきましょう。