「肩幅広い……」を脱却できる、華奢見えが叶うトップスの形とは?

FASHION

薄着になると、気になるのが肩幅の広さ……。
華奢な女子に憧れているのに、実際には肩幅が広い体型に悩んでいる、という人も少なくありません。
そのお悩み、トップスの形で解決できますよ♪
夏を迎える前に知りたい、肩幅をごまかせて、華奢見えが叶うトップスの形をご紹介します。

「肩幅が広い」をカバーできるトップスの形①Vネック

初夏コーデの女性出典:wear.jp

小顔効果があることで有名なVネックですが、実は肩幅をカバーできるトップスの形としてもおすすめなんです。

クルーネックやUネックと比べて、デコルテをすっきり見せることができるので、必然的に肩幅が狭く見えるというのがそのトリック♡

春夏は、デコルテを見せてスッキリした印象のコーデに仕上げることで涼しげに見えるので、チャレンジしやすいですよね♪

「肩幅が広い」をカバーできるトップスの形②抜き衿

初夏コーデの女性出典:wear.jp

様々なトップスがありますが、シャツを着るのであれば、迷わずに抜き衿を選ぶことをおすすめします!

肩幅が広い人にVネックが良い、とご紹介しましたが、シャツを抜き衿で着ることで、Vネックと同じ効果を期待することができます。

シャツであれば、衿の形もプラスされるので、ますます肩幅から視線が逸れますよ♡

「肩幅が広い」をカバーできるトップスの形③ボートネック

初夏コーデの女性出典:wear.jp

Vネックや抜き衿のように、デコルテや胸元を見せる形のトップスがあまり好みではないという人におすすめしたいのが、ボートネックです。

ボートネックは緩やかなカーブを描いた、横に広く開いたネックデザインのトップスですが、胸元の開きは浅いので、カジュアルなコーデと相性抜群♪

ボートネックは、肩にかかる生地が少ないことから、肩幅を狭く見せてくれる効果が期待できます。

「肩幅が広い」をカバーできるトップスの形④ドルマンスリーブ・ラグランスリーブ

初夏コーデの女性出典:wear.jp

ドルマンスリーブやラグランスリーブのトップスは袖の切り替え位置が特徴的で、どこまでが肩なのかを曖昧にできる、肩幅が目立たない形をしています。

ゆったりとしたシルエットがトレンド感のあるアイテムなので、ラフな印象のカジュアルコーデにチャレンジしたいときに、積極的に取り入れてみてくださいね。

「肩幅が広い」をカバーできるトップスの形⑤パーカー・フーディー

初夏コーデの女性出典:wear.jp

立体的に肩にかかるフードが印象的なパーカーやフーディーは、視覚の効果を利用して、肩幅をごまかすことができるトップスです。

中でもおすすめしたいのが、しっかりとフードが立ち上がるタイプの形♡

肩幅が目立たないだけでなく、小顔効果も期待できますよ。