夏はコレに頼る!錯覚を利用して“細見えするコーデ術”を学ぼう♪

FASHION

「夏までにダイエットが間に合わなかった……。」という女性も、ご安心ください!
目の錯覚を利用すれば、細見えコーデが叶います♡
2020年夏にマネしたい、“細見えするコーデ術”をご紹介します。

細見えする?コーデで活用すべき「錯覚」とは?

悩む女性出典:www.shutterstock.com

今回ご紹介するのは、目の錯覚を利用した細見えコーデ術です。
まずお勉強したいのは、「錯覚」とはどのような意味を持った言葉なのかということですよね。

「錯覚」とは、目を騙して対象物に対して誤った感覚・認識をすること。

手持ちのお洋服やファッションアイテムも、組み合わせ次第でだいぶ印象が変わりますよ!

錯覚を利用した細見えするコーデ術①エビングハウス錯視

夏コーデの女性出典:wear.jp

では、細見えコーデを有名な「ミュラー・リヤー錯視」になぞらえてご紹介していきましょう!
一つ目は、「エビングハウス錯視」。

エビングハウス錯視は、同じ大きさの丸でも、周りに並べるものの大きさによって、見え方が左右されるというもの。
この錯覚は、細見えの中でも主に小顔効果に有効的です。

帽子やストールなど、顔周りにボリュームのあるアイテムを持ってくることで、小顔効果が期待できますよ♡
秋冬であればボリュームのあるストールやマフラーが大活躍してくれますが、夏の場合にはストールなどの首元に巻くアイテムではなく、帽子をおすすめします。

錯覚を利用した細見えするコーデ術②フィック錯視

夏コーデの女性出典:wear.jp

先ほどと同じ「ミュラー・リヤー錯視」になぞらえて紹介する細見えコーデの2つ目は、「フィック錯視」です。

フィック錯視は、同じ長さの2本の線を逆Tの字に置いてみると、不思議と縦に置いた線の方が長く見えるという錯覚です。

これを利用すると、縦を強調したコーデはスラッと細見えしたり、背が高く見えたりするということ!
トレンドアイテムであれば、縦のシルエットを強調してくれる、ロング丈のシアーシャツやプリーツパンツがおすすめです。

錯覚を利用した細見えするコーデ術③アモーダル補完

夏コーデの女性出典:wear.jp

「アモーダル補完」は、対象物の一部が隠れて見えないときに、欠けた部分を脳内で補完し、全体像を認識する錯覚のことです。

この細見えテクニックの良い例が“足首見せ”です。足首を見せると、全体のコーデがスッキリ細見えするのは、アモーダル補完のおかげ!

見えている部分が太ければ太く、細ければ細く見えるという目の錯覚を利用した、高度な細見えテクニックです♡