ぽっこりお腹、隠せてない……。夏のNGコーデ4選~ワンピース編~

FASHION

スタイリングいらずでおしゃれ見えするワンピースは、暑い夏の日の救世主的存在のアイテム♪
毎日でも着たいワンピースですが、自分の体型に似合わないアイテムや着こなしもあることをご存じですか?
今回ご紹介するのは、ぽっこりお腹を気にしている人にNGな、夏のワンピースコーデです。
日々のスタイリングを決める際の、参考になりますように。

ぽっこりお腹の人がNGなワンピコーデ①ハイウエストな位置のウエストマーク

夏コーデの女性出典:wear.jp

スタイルアップして見えるコーデの条件として、よく挙げられるのが‟ウエストマーク”ですよね。

しかしこれも、一を間違えるとぽっこりお腹が目立ってしまうので要注意!

女性らしい印象をプラスしてくれるカシュクールワンピースの、ハイウエストな位置でのウエストマークはNG。
その下のぽっこりお腹を強調してしまうことになりますよ。

ぽっこりお腹の人がNGなワンピコーデ②ハイネック×ティアードデザイン

夏コーデの女性出典:wear.jp

お腹周りのボリュームが気になっているぽっこりお腹さんは、少しでもスッキリした印象のコーデを目指したいもの。

だからこそNGなのが、ハイネックやティアードなどで、体の面積を広く見せてしまうデザインのワンピースです。

デコルテが開いていたり、ストレートシルエットだったり、スッキリ見える要素のあるデザインのワンピースを選ぶ工夫をしましょう!

ぽっこりお腹の人がNGなワンピコーデ③ホワイト×ウエスト切り替え

夏コーデの女性出典:wear.jp

ぽっこりお腹さんにとって、できれば避けるべきNGアイテムとして覚えておきたいのが、ホワイトのワンピースです。

中でもウエスト切り替えのアイテムを選ぶと、その下のぽっこりお腹が目立ってしまう可能性が高いので要注意です。

ホワイトのワンピースを着用するのであれば、ストレートシルエットを選んだり、濃色のベルトを使ってウエストマークをするコーデがおすすめです。

ぽっこりお腹の人がNGなワンピコーデ④ネック周りが詰まったデザイン

夏コーデの女性出典:wear.jp

全体が詰まった印象に見えてしまう首元のデザインのワンピースは、ぽっこりお腹さんが避けるべきNGアイテム。

首が詰まっていると、全身を覆う生地の面積が広くなる分、着ぶくれして見えてしまうことがあるので要注意です。
できるだけデコルテを見せて、スッキリした印象のコーデを目指しましょう。

スタイルアップして見えると思われがちなベルトも、NGポイントの一つ!

ベルトだけに視線が集中するようなアイテムを選ぶと、お腹周りに視線が集まってしまいます。