え、この漢字見たことある!?「栄螺」とは?【読めたらスゴい漢字】

LIFESTYLE

読み方は分からなくても、漢字の造形でどのようなことを意味しているのか分かることもありますよね!
しかし今回ご紹介する漢字は、なかなかわからない……。
読み方が分かったらスゴいあの漢字の読み方は、アレでした!

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2020.12.11

Q.「栄螺」はなんと読む?

栄螺

「栄螺」は、なんと巻貝の一種の名称!外海の海底の岩に住む巻貝で、こぶし状で貝殻が厚く、トゲのような突起があることが特徴です。

この漢字ですが、なんと読むでしょうか?

Answer

読書する女性出典:www.shutterstock.com

正解は「さざえ」

名前の由来は、殻が小さな家に見えること!「小(ささ)」「家(いえ)」が「さざえ」に転じたといわれています。

 漢字の「栄螺」は、一番の特徴である渦巻貝から。「螺」が渦巻殻を指しているので「大きな渦巻殻」の意味で当てられました。





※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。