うそ、ずっと間違えていたなんて。「逸才」は「いつざい」じゃない!【読み間違いが多い漢字】

LIFESTYLE

今まで口に出して会話の中でも使っていたあの漢字、ずっと読み間違いしてたなんて……と、衝撃を受けた経験はありませんか?
実は今回ご紹介する漢字も、会話の中で誤った読みを口にしている人が多いんです!

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2021.03.15

Q.「逸才」はなんと読む?

逸才

「逸才」は、抜きん出た優れた才能や、その才能を持っている人物のことを意味するこの言葉ですが、なんと読むでしょうか?

Answer

本と猫と花出典:www.shutterstock.com

正解は「いっさい」

「いつざい」と読み間違いをしている人も多いのですが、正しくは「いっさい」なので、これを機にマスターしましょう♪

「逸才を見抜く目」や「門下の逸才」のように使う、日ごろ目にする言葉ですよね。





※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。