ずっと恥ずかしいミスしてたんだ。「逆鱗」は「ぎゃくりん」じゃない!【読み間違いが多い漢字】

LIFESTYLE

文章の中で目にする機会の多い漢字でも、実は読めないという人は意外と多いもの。
今回ご紹介するのは、読み間違いをしている人が多いあの漢字です!

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2021.04.07

Q.「逆鱗」はなんと読む?

逆鱗

「逆鱗」は、「天子の怒り」や「目上の人の怒り」を意味するこの言葉ですが、なんと読むでしょうか?

Answer

本と花とおやつ出典:www.shutterstock.com

正解は「げきりん」

「逆鱗」の「逆」を「ぎゃく」と読むことから「ぎゃくりん」と読み間違いをしてしまう人もいますが、正しくは「げきりん」です!

「逆鱗に触れる」などのように使われる「逆鱗」は、竜の顎の下にある逆さまに生えた一枚の鱗のこと。この鱗に触れると、普段はおとなしい竜が怒り、必ず殺されるという伝説から、天子の怒りを買うことを指すようになりました。





※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。