恥ずかしながら読めません。「項垂れる」は「こうべたれる」じゃない!【読み間違いが多い漢字】

LIFESTYLE

絶対に合っていると思って口にしていた漢字の読み方が、実は間違えていた……というケース、実は珍しくありません!
今回ご紹介する漢字、あなたは正しい読み方が分かりますか?

Q.「項垂れる」はなんと読む?

項垂れる

「項垂れる」は、心配事や考え事、悲しみや恥ずかしさのための首を前に垂れることを意味します。
この言葉ですが、なんと読むでしょうか?

Answer

本と花出典:www.shutterstock.com

正解は「うなだれる」

「こうべたれる」と読み間違えて仕舞いがちな感じですが、「こうべたれる」は「頭垂れる」と書きます。

「項」は「うなじ」を指す字で、 「うなじ」に「垂る(たる)」で「うなたる」になり、これが「うなたれる」と変化して「うなだれる」に転じたといわれています。





2021.04.26 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。