「弥立つ」は「やだつ」……?正しい読み方が知りたい!【難しい漢字クイズ】

LIFESTYLE

「弥立つ」の「弥」の字は、「や」としか読まないと思ってる方も多いのではないでしょうか?
意外な読み方をするこの漢字、あなたは正解が分かりますか?

aki
aki
2022.04.07

Q.「弥立つ」はなんと読む?

弥立つ

「弥立つ」は、「寒さや恐ろしさのために、身の毛が逆立つ」ことを意味する言葉ですが、なんと読むでしょうか?

Answer

ベッドの上の本と朝食出典:www.shutterstock.com

正解は「よだつ」

「弥立つ」は、もともと「いよだつ」と読まれていました。

「弥立つ」の「弥」は「いよいよ」の「いよ」で程度が高まるさまなどを表し、「立つ」は「毛が逆立つ」を指します。
これが合わさった言葉として使われていた「いよだつ」は、徐々に訛って「よだつ」になったといわれています。





※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。