女性の転職に有利な資格10選〜長く続けられる&需要が増える仕事とは?〜

LIFESTYLE

転職の際、何か資格を持っていると安心な気がしますよね!
でも、資格といっても種類はさまざま。働きながら取得するなら、できるだけ簡単に取れる&一生役立つ資格がおすすめです。
この記事では、長く役立つ資格の特徴や女性の転職に有利な資格をご紹介します!自分に向いている資格はどれなのかを知って、転職活動に備えて取得を検討してみてください♪

koharu hino
koharu hino
2022.05.24

女性が長く働くために役立つ資格とは?

カフェデスクで仕事をする女性出典:www.shutterstock.com

女性におすすめの資格といっても、種類や難易度はさまざまです。
その中でも、女性が自立し、長く続けられる仕事につくために役立つ資格には以下の特徴があるようです♪

  • 年齢に関係なく活用できる
  • 全国どこにいても役立つ
  • ブランクがあっても使える
  • 受験資格が不要で、働きながら独学でも取得できる
  • 取得するための費用があまりかからない

未経験転職を目指すなら、持っているだけで重宝される資格を選ぶのも大切です。

女性は結婚や出産などライフイベントがキャリアに影響を及ぼすことも多いですよね。
これらのポイントを満たす資格なら、家庭の都合で引っ越したり、育児休暇を取ったりした後もスムーズに復帰できる可能性が高くて◎
40代以降を見越して、20代30代の今のうちに資格を取得しておくと安心です!

女性の転職に有利な資格10選

デスクを片付ける女性の様子出典:www.shutterstock.com

ここでは、女性におすすめの転職に有利な資格を10個ご紹介します。

比較的簡単に取れる国家資格や、マイナーだけど一生食べていける資格などをピックアップしました!
少しでも興味のあるものや、自分に合いそうな資格を見つけてみてください♪

日商簿記検定

社会人向けの簿記検定である日商簿記検定は、企業の財政状況を記録するための仕組みを学ぶ資格です。
経理などの業務に役立つ知識を幅広くアピールでき、需要と人気の高い資格の一つです!

特に、事務職や会計事務所などで重要視されています。
転職を有利に進めるためには、2級以上を取得するのが望ましいですよ♪

受験料が3級¥2,850、2級¥4,720と低額かつ、独学でも合格可能な資格なので、働きながら取得しやすいのも◎

TOEIC

オフィスでミーティングする人々出典:www.shutterstock.com

英語の聞き取り&読解の試験を行い、総合的な実力を測るTOEIC
国際化が進む中で、グローバルに展開する企業だけでなく、さまざまな業界から需要が高まっている資格です。

TOEICは、合格・不合格ではなく点数で結果が表されます。
990点満点のうち、転職で有利になるためには700〜800点以上は必要!

点数が高いほど有利に働くので、英語に興味がある人は一度受けてみるのがおすすめです♪

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産取引の専門家であることを証明する国家資格です。
通称「宅建」と呼ばれ、受験資格に性別・年齢・国籍など制限がないため、国家資格の中では比較的取得しやすい資格となっています。

不動産業務を営む場合、事務所に宅建資格を持った従業員を在籍させることを義務付ける法律があります。
合格するのは簡単ではありませんが、持っているだけで重宝される資格の一つです♪

不動産業界では必須ともいわれているので、興味がある場合は取っておきたいですね。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

キーボードを打ち込む手元出典:www.shutterstock.com

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)は、Word・Excel・PowerPointといったMicrosoft Officeアプリケーションの利用スキルが一定以上あることを証明する資格。
事務などデスクワークを中心とした職種で需要が高いですが、その他の業界や職種においても役に立つことは多いようです!

試験は、一般スペシャリストレベルと上級エキスパートレベルの2つの難易度があります。
一般スペシャリストレベルは基本操作が分かる程度といわれています。

比較的取りやすい資格の一つですが、未経験からオフィス業務に転職する場合はプラスに評価されるかも♪

ファイナンシャルプランナー

お金に関する知識を基に、税金・保険・資産運用など個人のお金や人生設計に関するアドバイスをするファイナンシャルプランナー
保険会社や証券会社はもちろん、銀行や不動産会社など幅広い業界で役に立つ資格です。

試験は誰でも受験することができ、国家資格であるFP技能士は1級・2級・3級の3つの等級に分かれています
さらに、日本FP協会が認定する民間資格としてAFP資格・CFP資格があります。

お金に関する知識は転職・就職活動だけでなく、自分自身の生活にも役立てることができるのが良い点ですね♪

秘書検定

オフィスで働くスーツ姿の女性出典:www.shutterstock.com

秘書検定は、社会人として持っておきたいスキルやマナーを身につけられる資格です。
秘書検定を持っていれば、事務業務に役立つスケジュール管理・文書作成や、きちんとした立ち振る舞いができるというアピールになります♪

試験は3級〜1級に分かれていますが、転職に有利に働くのは1級からです。

「秘書検定」という名前ですが、秘書として働きたい人だけでなく、幅広くビジネスマナーを身に着けたいすべての人におすすめの資格です!

医療事務

医療機関の顔となる受付・会計・診療報酬請求業務などを行う仕事である、医療事務
医療事務は求人が豊富で全国どこでも働けることが魅力で、長く続けられる仕事です♪

無資格・未経験でも働けますが、資格を持っているほうが転職には有利になります。

医療事務の資格は、医療事務認定実務者試験・診療報酬請求事務能力認定試験など複数あり。
活躍したい職場の分野や特にアピールしたいスキルによって、受験する資格を選ぶと良いでしょう。

CCNA(Cisco Certified Network Associate)

パソコンにコードを打ち込む女性出典:www.shutterstock.com

CCNA(Cisco Certified Network Associate)は、ネットワークエンジニアとしての基礎知識をアピールできる資格です。
IT化が進む中でネットワークエンジニアという存在は必要不可欠。
でも、実際には人材が不足しており、これからさらに需要が増える仕事でもあります。

CCNAは世界共通基準の検定なので、手に職をつけたい女性におすすめです♪
難易度はすごく高いわけではなく、文系でも数ヶ月で合格できる程度といわれています。

未経験でIT業界を目指す人は、持っていれば役に立つはず!

介護職員初任者研修

介護職への第一歩となる、介護職員初任者研修
介護職は人材不足が続いており、将来的にもより需要が高まる仕事です。
未経験でも採用されやすい業界でもあります。

国家資格である介護福祉士は実務経験が3年以上必要なので、働きながら取得するのが◎
そのため、まずは実務経験がなくても受験可能な介護職員初任者研修の資格を取り、介護士としてのキャリアをスタートするのがおすすめです♪

登録販売者

薬を手渡す女性薬剤師出典:www.shutterstock.com

登録販売者とは、一般用医薬品販売ができる専門家。
薬剤師でなくとも、一般用医薬品のうち9割を占める第2類医薬品と第3類医薬品を販売することができるようになる資格です。

薬局やドラッグストアはもちろん、コンビニやスーパーなどでも需要が高まっています!
介護業界やエステサロンなどこれからも需要は増えていく予想です。

マイナーですが一生食べていける資格とも言われているので、長く働きたい人に◎

自分に合った資格を取ってより人生を豊かに♪

職場で笑い合う女性3人出典:www.shutterstock.com

女性におすすめの、転職に有利な資格をご紹介しました!
転職活動において、価値のある資格はとても役立つもの。
自分に合った資格を取ることは、仕事だけでなく自分らしく人生を楽しむことにも繋がります。
ぜひ自分に向いている資格を取得し、目指すキャリアに近づいてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。