別れたい素振りをみせる彼氏にもう一度「好き♡」を言わせる方法って?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第150弾】

「気持ちが冷めたわ。別れたい....」
付き合いが長くなってくると彼に別れを告げられたり、または、別れを告げられそうになる経験って皆さんあるのではないでしょうか? どんな心情で彼は別れたくなるのか、そしてどうやったらもう一度「好き好き♡」と言わせることができるのか、今回は解説していきます。

別れたくなる理由の1つは「彼を追いかけすぎた」

どうして彼は別れたくなってしまったのか、その理由から解説していきます。もちろんすべてのケースに当てはまるとは限らないのですが、よくある理由の1つは「彼を追いかけすぎた」という理由です。

どれだけ好き同士の2人でも長く一緒にいると飽きがくるもの....。それは自然現象のようなもの。

そのような状態にありながら、女性側が彼だけを見過ぎてしまい、彼から来るLINE(ライン)をいつも待ってしまっていると、いつのまにか、彼への好きが執着にかわりやすいんですよね。だって「一途と執着の違い」なんてぶっちゃけ紙一重ですからね〜。

いつからか、大好きな彼氏が漠然とした不安や不満をぶつける相手になっている....。度が過ぎると、彼に「重いなぁ」って思われてしまうわけですよ。

心当たりはありませんか??

LINEよりもインスタを多めに投稿しよう!

ここからは、気持ちが冷めかけている彼に、もう一度追いかけてもらう方法を書きます。

彼との関係があまりうまくいっていないときに、LINE(ライン)の空間にいると、さらに、落ち込んでしまうサイクルに陥りやすいです。LINEでやることといえば、彼からのLINEを待ったり感情的になってLINEを送ってしまったりするパターンになってしまうため、先ほど書いた、彼に対する執着心を増幅させてしまうんですね!

ここで気分転換のつもりで、頻繁に使うアプリを、LINEではなく、インスタに変えるのです!(※彼と相互フォローしていて活動内容を見られるアプリであればインスタでなくてもOK)

それで普段よりもかなり多めにインスタ投稿するのを継続してみてください。例えば、1日3投稿とか。投稿の内容も、普段の自分っぽくないほうがいいです。普段の生活圏にはないようなちょっと変わった場所に行って日常を楽しんでいる様子をどんどん投稿していくんですね!

相互フォローしている彼がそれを見たとしたらどう思うでしょうか?

めちゃくちゃ焦ります。なぜなら自分が知っているはずの彼女が、いないからです。普段行かないような変わった場所に行って、楽しそうにインスタに投稿しているからです。

「は?何やってるの?誰がその写真撮ってる?まさか男?」なんて、1人で妄想を繰り広げてしまうんです。

妄想させることができれば、彼の追いかけたいスイッチが入ります。「俺のオンナがなにやってんだよ!!」と彼をイライラさせて不安にさせてしまえば、立場逆転のチャンスは生まれます。LINEで彼を追いかけていた時間をそのままインスタに移行させるのがポイント。

追いかけたい女の条件=いつも楽しそう♩

追いかけたいと思われる女になるのは、女性の憧れではないでしょうか?

男性たちから聞いた意見をまとめると、追いかけたい女って「いつも楽しそう」という共通点があるんですよね〜!

「俺には一途であってほしいけど重いのはムリ。メンヘラは嫌い」といった女性からしたらハードルが高すぎる要求を男性たちが持っているのも事実です。「一途と執着は紙一重なのにその要求は難しすぎません?」と言いたいところですが、抵抗しても、男性サイドにはなかなか伝わりません。

ですので、誰が実践しても楽しそうな女に見えるテクニックをご紹介します。それは、

『用事を沢山いれること』です。

行動量が多い人の精神状態がみんな「楽しい〜!」ってなっているわけではありませんが、いっぱい動いていれば、楽しそうで魅力的な人間にみえるというマジックが働きます。それに「楽しそう」というのは心の中の状態をジーっとみつめて言っているのではなく、活動をみて言っています。

ジム通いでも趣味でも良いのです。実際に動いてみて思いがけない発見をしたり、そのコトにハマっていくと、彼からしたら、どんどんあなたが楽しそうに魅力的にみえていきます!
<もう一度「好き♡」と言わせる3つのポイント>
*没頭する先を彼だけに限定しないこと
*お出掛けをしてインスタ投稿しよう
*用事をどんどん入れてリアルを充実させよう
↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】モテ続けるアラサー女とモテなくなるアラサー女の決定的な違い

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第49弾】 先日、「現実の伝道師だね」とある方にあだ名を...


【関連記事】「上位5%のいい男」の本命彼女に選ばれる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第40弾】 今回は、頭が良くてルックスも良くて稼ぎもいい...


【関連記事】26歳女子がすべき「方向転換」とは?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第51弾】 26歳といえば女の転換期に入りはじめたぐらいか...


【関連記事】 「また会いたい!」と思われる女性になるための信頼関係の作り方 4つ

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第45弾】 今回は、一度きりの出会いを次に繋がるチャンス...


【関連記事】飛び抜けて綺麗なオトナ女子が「透明感を保つためにやっていること♡」

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第53弾】 「透明感があるよね!」という言葉は最高の褒め...


【関連記事】高収入の彼に振られない女になる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第57弾】 「高収入の彼に愛される女」になるためには「高...


【関連記事】彼とセックスレスにならずに長続きさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第26弾】 彼との関係が長く続いてくると「家族」のような...


【関連記事】もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルー...


【関連記事】カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読む...


【関連記事】いい男にどうしても欲しいと思わせる!魔性の女テク3つ♡

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第30弾】 「いい女」の定義は曖昧なところがありますが「...


【関連記事】絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産...


【関連記事】忙しい彼に会いたがられる女性は何をしているのか?

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第33弾】 女性たちが女を磨くのは大好きな彼にもっと愛さ...

恋愛

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

斎藤美海

斎藤美海(さいとうみうな)

10代はハロプロでアイドル活動。20代はセラピストをしてきまし…

>もっとみる