どんなときでも使える!自分を30秒で素敵に紹介する方法♡

LIFESTYLE

みなさんは自分のことをうまく紹介できますか?
普段、自分を紹介する機会が多くない限り、なかなかうまく紹介できないですよね。
これを読めば、簡単に自分を素敵に紹介する文を作ることができますよ♡
また、いろんな場所で活用することができます。

30秒で好印象をGETできる自己紹介①まずは書き出してみる♡

さっそく自己紹介の文章を作っていきたいのですが、まずは箇条書きで自分のアピールしたいところを、たくさん書き出していきましょう。
それを文章としてつなげていくといいと思います。

どんなことを書けばいいのかというと
・自分の履歴
・自分のアピールしたいところ

この2つで構成していきましょう。

30秒で好印象をGETできる自己紹介②文章にしていきましょう♡

先ほどは、紙にとにかくいろんなことを書き出したと思います。
次はそれを文章にしていきましょう。

このとき、どのくらいの長さにするかを迷うと思います。
ここがポイントです!

自己紹介文は、その場に応じて少し変化させたりするのがいいのです♡
そのためはじめにベースとなる文を考えます。
短すぎず、長すぎない文章を作っていきましょう。

30秒で好印象をGETできる自己紹介③スローガンになるようなことを加える♡

普通すぎる自己紹介は、人の心に残りませんよね。
インパクトを与えられるような文章を作るのが目標です。

自分を短い言葉で表現できる内容を考えて、スローガンのようにするのがおすすめです。

スローガンなんて自分につけるイメージはなかなかないと思うので、抵抗があるかもしれません。けれども、短く印象に残る言葉で自分を表現することはとても素敵なことです♡

例えば女性の場合だと「〇〇な女です。」というようにすると、うまくまとまると思います。

30秒で好印象をGETできる自己紹介④実際に使ってみる♡

普段、自己紹介をする機会がない人は「こんなの作っていつ使うの?」と疑問に思う人も多いでしょう。

けれどもこれはフランクなシーンでも、どんな場にも使うことができます。
その場に応じて先ほど作った文章のベースを変化させることで、どんな場所でも使えるのです♡

先ほどのベースを場合によって、
・長さを変える(就活の面接のときに、3分〜5分で自分を紹介してくださいと言われるので、そのときにも使えるワザです。)
・語尾を変える
・話し方を変える

このようにすればうまく活用できると思います♡

みなさん、いかがでしたでしょうか?
就活やビジネスの場、ちょっとした自己紹介をする場でも、自己紹介のベースを準備しておくと迷わずに堂々と言えることができるのです♡
ぜひ実践してみてくださいね。

バランスが良すぎるのかも。
「印象に残らない人」の特徴