夏に作りたい♡爽やかでおいしい!お家で簡単「デザートテリーヌ」

LIFESTYLE

洋風のおつまみとして知られるテリーヌですが、お家で作って夏に楽しむのであれば、デザートとして楽しめる味付けがおすすめ。
フルーツやショコラなど、お家で簡単に作れてツルッ食べられる、デザートテリーヌのレシピをご紹介します。

テリーヌって?

よくレストランのコースメニューにあるテリーヌですが、実際にどんなお料理なのでしょうか。

そもそもテリーヌという言語自体は、フランス料理で使用する、テラコッタ製の蓋付きの土鍋のことを差しています。
土鍋だけでなく、壺や鉢や深皿のことを差すケースもあるようです。

こうした容器を使って作り、そのまま容器ごと提供するお料理を、正式にテリーヌと呼びます。
実は型から取り出すとパテという名称に変わるのですが、現在では容器を使って作ったものをテリーヌと称する傾向にあります。

使用する食材は容器に塗る豚の背脂、具材には肉や魚、野菜などを細かく切ったものや、ムース状にしたものがほとんどです。

お家で簡単に作れる♡「デザートテリーヌ」▶フルーツ・ジュレ・テリーヌ

引用:www.recipe-blog.jp

今回ご紹介するデザートテリーヌは、型に詰めて仕上げる簡単スウィーツです♡

まず初めにご紹介するのは、フルーツをたくさん容器に入れ、ゼリーで固めたものです。
ひんやりとしたフルーツ&ゼリーの組み合わせは、夏にピッタリなサッパリとした味わいです。

酸味をプラスすることで、より夏らしい味わいに仕上がりますよ。

レシピはこちら♪

お家で簡単に作れる♡「デザートテリーヌ」▶︎マンゴとバナナのテリーヌ風ケーキ

引用:www.recipe-blog.jp

バナナとマンゴーをフォークでラフに潰して生地に混ぜた、テリーヌ風のケーキは、しっとり感がたまらなく癖になる美味しさ♡

でき立てをそのままいただいても美味しいのですが、敢えて冷やしていただいても、しっとり感が際立ち、さらに美味しくいただくことができますよ。

レシピはこちら♪

お家で簡単に作れる♡「デザートテリーヌ」▶︎すっぱいかんきつ類のテリーヌ

引用:www.recipe-blog.jp

こちらは、フォトジェニックなカラーリングがオシャレなゼリー寄せ♡
かんきつ系のフルーツに、ジュースを使って味付け&色付けをして仕上げる、とっても簡単なレシピです。

ゼラチンにレモン汁などで味にアクセントをつけるよりも、あらかじめ味が仕上がったジュースなどを使ってデザートテリーヌを作った方が、簡単で失敗が少ないんです!

レシピはこちら♪

お家で簡単に作れる♡「デザートテリーヌ」▶︎ベリーのテリーヌ

引用:www.recipe-blog.jp

ジュースを使って作るゼリーのテリーヌは、中に入れるフルーツをチェンジするだけでも、また違った味わいを堪能することができます。

冷やしていただくと、真夏日にもひんやりとした涼しさを味わうことができるので、様々なフルーツで作っておいて、ティータイムに楽しむのも良いですよね♡

レシピはこちら♪

お家で簡単に作れる♡「デザートテリーヌ」▶︎濃厚ショコラテリーヌ

引用:www.recipe-blog.jp

たまに無性に食べたくなるチョコレートですが、市販のチョコレート菓子を食べてしまうと、その後の罪悪感に胸が痛くなる、なんていう人はいませんか?

確かに、ダイエット中のチョコは禁物ですよね!
では、自宅で美容効果が期待できるチョコレートスウィーツを作るのはいかがでしょう。

小麦粉を使わずに酒粕を使って作るショコラテリーヌは、濃厚でチョコレートの味わいを存分に堪能できるだけでなく、様々な美容効果も期待できそうです♡

レシピはこちら♪

お家で簡単に作れる♡「デザートテリーヌ」▶︎ホワイトショコラテリーヌ

引用:www.recipe-blog.jp

特別な日に作りたい、ホワイトチョコレートを使ったちょっぴり贅沢なデザートテリーヌ♡
トッピングにベリーを並べれば、高級感も演出できますよね。

毎年彼との記念日にはケーキを手作りしているという人には、新鮮なアイデアとしておすすめですよ。

レシピはこちら♪

お家で簡単に作れる♡「デザートテリーヌ」▶︎ストロベリーチョコのテリーヌ風

引用:www.recipe-blog.jp

ピンクのルックスに、思わず目がハートになってしまいますね♡
お家で女子会を開くのであれば、こんなストロベリー味のデザートテリーヌがおすすめです。

中を開けても可愛らしいカラーバランスは、みんなの「いいね!」をもらえること間違いなしですよ。

レシピはこちら♪

手軽に楽しめるデザートテリーヌは、見た目もオシャレなのが嬉しいですよね♡
時短で作れてあとは冷蔵庫で冷やせばOKなので、来客時のおもてなしの事前準備として、前日に作っておけるのもポイントです。