毛深いことがコンプレックス……!女子の「あるある」お悩み特集

Cover image: weheartit.com

“毛深い”というコンプレックスは、なぜかみんな「自分だけ」と思ってしまいがちですが、意外にも同じことで悩まれている方は数多くいるようです。

みんなどんなことでそれぞれ悩んでいるのか、お悩み特集という形で多くの女子が抱えている、なかなか他人には言えない「ムダ毛の悩み」をご紹介していきます。

目次

毛深いことがコンプレックス……そんな女性が意外に多い

weheartit.com

毛深いことは、男女関係なくコンプレックスになり得るようですね。
でも、毛深いことで悩むのは、男性のほうが多いといったイメージはありませんか?

実は毛深いことで悩む女性は、意外にも多いんです。
お風呂に入るたびに常にムダ毛の処理をしている方や、気になって毛抜きが手放せないなんて方もいるそうですよ。

パートナーとお泊りの際には、相手が起きる前にバスルームでムダ毛のチェックを欠かさず行わないと不安になる方もいるそう。

また、どの程度で“毛深い”とするかは、個人差があるようです。
自己処理の頻度で考える方もいれば、周りの友達には生えていない部位のムダ毛が気になる方もいるようですね。

さらに、デリケートな話題としてとらえる方も多いので、自己処理の方法やムダ毛の生え具合などを相談する機会が少ないことが、コンプレックスとして思い込んでしまう要素になるでしょう。

女性で「毛深いことで悩んでいる人はきっと自分だけ……」という不安が、余計に悩みを大きくしてしまっているのかもしれませんね。

ムダ毛が気になる部位

weheartit.com

ムダ毛が気になる部位としてよく挙がるのが、ワキのようです。
夏場、薄着をすると目に付きやすい部位であるにも関わらず、ワキの毛は太く、色が濃いので、気になる方が多いようです。
また、自己処理しづらい点も、悩ませる原因になっているのでしょう。

ワキに次いで、ムダ毛が気になる部位として、腕も挙げられるようです。
半袖を着るシーズンでは、誰からも見える位置なので、当然気になりますよね。
また、気にするあまり過度な自己処理が重なって、肌荒れが目立つこともあるでしょう。

そのほかにも、普段はそれほど気にならなくても、水着を着たり、温泉に行ったりすると、背中やデリケートゾーンのムダ毛が気になるという方も多いようです。

そして、脚や指のムダ毛も悩みの種。
ストッキングを履いているとムダ毛は妙に目立ちますし、おしゃれなネイルや指輪をしていても毛が生えていると残念な気持ちになりますよね……。

ちなみに、男性目線による、女性の気になるムダ毛の部位として、口周りやワキ、胸といった声が多いようですよ。

毛深いことがコンプレックス。お悩みエピソード① 温泉が恥ずかしい

weheartit.com

友人との温泉旅行。
「背中の毛深さを友人に指摘されて、恥ずかしい思いをした」といった声をよく聞きます。

普段は見えづらい部位のムダ毛を、思わぬタイミングで指摘されたことが、より恥ずかしさを助長させるのかもしれません。

友人や会社の同僚との旅行では、ただでさえ気を使うことも多いのに、ムダ毛の問題もあるなんて気が気ではないですよね。

温泉が恥ずかしいという悩みとして、毛深い以外にも、体型や肌質を気にする声もあります。
しかし体型や肌質と違って、毛深いという悩みは、脱毛によって解消することもできるでしょう。

ムダ毛がない、ツルツルとしたキレイな肌になって、温泉を満喫しませんか?♡

毛深いことがコンプレックス。お悩みエピソード② 彼とのお泊まりに自信を持てない

weheartit.com

彼とのお泊りで、ムダ毛を気にする女性も多いですよね。

もちろん会う前にムダ毛処理をするわけですが、処理のタイミングや、生え始めのチクチクとした肌触りといった悩みも伴います。

特に付き合いはじめたばかりの頃や、最初の旅行・お泊りなどで、一緒に過ごす間のムダ毛処理をどうするかは、多くの女性にとって大問題なのではないでしょうか?

ムダ毛の不安で、せっかくの時間を楽しめなかったなんて、悲しいですよね。

でも自分が勝手に気にして、楽しめなかっただけというのは、まだ良い方なんだそう。
毛深いことで彼に引かれてしまった、という悲しいエピソードも、決して少なくはないようですよ。

毛深いことが原因で関係が悪くなったりするなんて、残念ですし、なにより悔しいものです。
お泊り前にしっかりシミュレーションをして、臨みたいですね。

毛深いことがコンプレックス。お悩みエピソード③ 水着姿になることが不安

weheartit.com

毛深くても服でいろいろ誤魔化すことができますが、どうにもならないのが水着ですよね。

全身のムダ毛が気になってしまうわけですが、水着ならではの悩みといえば、デリケートゾーンです。

自己処理をしても、毛があった部分が黒ずんでしまって、いかにも「剃りました!」という感じが出てしまって、恥ずかしかったというエピソードも聞こえてきます。

黒ずんでいなくても、なかなか完璧に、キレイに剃ることは難しいもの……。
ポツポツと毛穴が見えたり、赤みが出てしまったりすると恥ずかしいですよね。

また、デリケートゾーンの毛が剛毛で、水着を着るとこんもりと膨らんでしまって恥ずかしかった……といったエピソードもあります。

自宅で水着を試着して、目に見えるムダ毛を確実に処理することが大切ですね。
でも、デリケートなゾーンであるだけに、怪我には注意したいもの。
深追いすればするほど、肌が傷ついてしまうでしょう。

いわゆるVIO脱毛を検討してみることも、一つの手段かもしれませんね。

毛深いことがコンプレックス。お悩みエピソード④ 1日何度も剃らなければならない

weheartit.com

毛深いことがコンプレックスである方たちの共通の悩みは、「1日に何度剃ればいいの?」といったことではないでしょうか。

朝剃っても、夜にはもうジョリジョリとしている……こういったことは、あるあるな悩みですよね。

温泉に入る時が気になる、水着を着る時が気になる、彼氏と過ごす時が気になる……といった悩みは、人それぞれ個人差があり、うまく回避したり、そうしたシチュエーションにならなかったりするでしょう。

しかし、『剃ってもすぐに生えてくる』といった問題は、共通事項としてありますよね。

特によく聞くのが、入院中のエピソード。
切迫早産で急遽入院となり、そのまま出産された方は、なんと脚の毛が気になって出産に集中できなかったとか……!

このように、入院を機にそれまで躊躇していた脱毛に踏み切った方も多いようですが、感想は皆一様に「別世界」と高評価していますね。

「なぜ、もっと早く脱毛しなかったのか」、「もうムダ毛のことで悩むことも困ることもない」「ムダ毛のことを気にしなくていい生活が、これほどまで開放感があるとは知らなかった!」と喜びの声も聞きます。

毛深いことがコンプレックス。お悩みエピソード⑤ カミソリが傷みやすい

weheartit.com

毛深いと、どうしてもムダ毛処理の頻度も高くなり、カミソリが傷みやすいですよね。
買い替える回数も多くて困るといった声も多く見られます。

毛深い場合には、肌だけでなく、カミソリ自体にもダメージを与えてしまうんです。

でも、そうした悩みを持つ方に聞いたところ、「カミソリを使う頻度が高いので、毎回カミソリをきちんと拭いて片づけるのが面倒……。ついついお風呂に置きっぱなしにしてしまう。」といったことが多いそう。

実は、カミソリが傷むのは、毛深いということだけでなく、管理が悪いことにも一因があるんです。

使用後はキレイに洗って、きちんと拭き、乾いた状態で保管しないと、刃が傷んでしまいます。
そして、雑菌も繁殖しがちで、肌にも悪影響なんです。

カミソリが傷むことが早くて困っている方は、保管方法を見直してみてくださいね♪

毛深いことがコンプレックス。お悩みエピソード⑥ 除毛・脱毛の費用がかかる

weheartit.com

毛の量が多いと、自己処理をする場合、除毛クリームやシェービングクリームなども必要になりますよね。
その分、費用がかかってしまいがちです。

また脱毛サロンに行こうと思っても、完全脱毛を目指すには施術回数が必要で、追加料金発生することも多いそうです。

でも、どの方法でも費用がかかってしまうなら、脱毛をすることをおすすめします。

一時的に費用がかかっても、その後の自己処理はほとんど必要なくなりますし、自己処理が減ると肌への負担も激減するでしょう。

自分では、毛深いことが悩みで、サロンで脱毛するなら絶対に追加料金がかかってしまうと思い込んでいても、実際カウンセリングを受けると「毛の量は普通なので、これなら通常料金で大丈夫ですよ」なんていうことも意外と多いようですよ。

長い間、ムダ毛に悩み続けるよりも、思い切って脱毛サロンに通うことも、検討してみてはいかがでしょうか?

毛深いことがコンプレックス。お悩みエピソード⑦ 肌荒れする

weheartit.com

ムダ毛の処理で、肌が荒れて悩んでいる方は、本当に多いんです。

毛穴が黒ずんでしまったり、赤いポツポツができてしまったり……。
ムダ毛を剃っても、肌が荒れていては、夏場でも長袖を着たくなりますよね。

脚は、生足だけでなく、ストッキングを履くことさえ抵抗を覚える方もいるでしょう。
タイツが手放せなかったり、着る物も限られてしまったりするので、オシャレが楽しめないという方も多いんです。

また、元々は白くてキレイな肌だった方が、ムダ毛処理のせいで赤いブツブツがいっぱいできて汚くなってしまった……という悩みなどもあるようです。

少しでも自己処理による肌荒れを軽減するなら、毛抜きは肌を傷めるのであまりおすすめできません。

カミソリを使う場合も、肌には十分配慮してください。
お風呂から出た後に、タオルで水気を取って、潤滑油となる脱毛用のクリームなどを塗りましょう。
そして清潔に保管してあるカミソリか、できれば顔用の電気シェーバーで、肌に負担をかけないように丁寧に処理し、しっかりと保湿するのがベターです。

コンプレックスを解消するためのヒント

weheartit.com

毛深いという悩みは、友人や家族に相談することも恥ずかしくてできず、ついつい一人で考え込んでしまいがちです。

でも、どんなに悩んだところで、状況が変わるわけではありません。
悩むなら、クリニックやサロンで、脱毛についてカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

もし予算や日程、体質などに合うようなら、脱毛を決断してみるのも良いでしょう。
心の負担が軽減されるかもしれません。

毛深いことで悩んでいる方は、脱毛サロンのスタッフに見られることも恥ずかしいと思うかもしれませんね。
でも実際、サロンで働いている方の話によれば、見慣れてしまって何とも思っていないようですよ♪
勇気を振り絞って、まずは一歩、踏み出してみませんか?
いろいろな毛深いことに関する、あるあるな悩みをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

毛深いことで悩んでいるのは、あなただけではないんです!
気にしすぎないことが最大の解決方法かもしれませんが、ことはそんなに単純ではないですよね。
適切な自己処理をし、もしそれでも悩みが解決されないようであれば、脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

毛深い コンプレックス 脱毛 ムダ毛 悩み

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小林 亜樹

素敵なカフェ・レストランや旅行が大好きです。
以前は航空会社で勤務していました。現在はモデル…

>もっとみる