「わたしには◯◯がなきゃ駄目なの!」マイナスな執着心を手放す方法

LIFESTYLE

『執着』…それは、あるモノ・事に強く惹かれ、それが心から離れないことを指します。
良い意味にも捉えられますが、執着心がマイナスになることだってあります。
ここでは、そんなマイナスな執着心を手放すには?を書いていきます。

【執着心を手放す方法①】人からの評価を求めない

執着してしまう理由の一つに、人からの良い評価を求めていることもあります。

人からの評価がモチベーションに、プラスになっていれば問題ありませんが…。
確かに高く評価されたら嬉しいですが、そればかりに拘っていては心に余裕が無くなっていきます。
そこで、一度人からの評価を求めないようにしましょう。
そうすると、執着心を手放すことが出来るかもしれません。

”人に認めてもらう=自分の価値”って、なんだか寂しくありませんか? 

【執着心を手放す方法②】視野を広げる

人からの評価を求めない自分になるためには、視野を広げることが大切になってきます。

視野を広げることの良い所は、
・意思を持つ大切さ
・人に流されない強さ
を身に着けられること。

「視野が広がったらますます人に流されるのでは?」と思いますが、自分にとってプラスとなる流れ方なら全然構わないのです!
それに本当に広い世界を見て様々な考え方に触れると、自分の考え方も変わり、強い意思が生まれることも。

知らない街に行ったり、人に出会ったり、本を読むことでも、視野は広がりますよ!

【執着心を手放す方法③】クーポンの執着に気を付けて

執着というのは人間だけに向くのではありません。物や地位、お金に向くこともあります。

"お金"への執着はプラスになることもあれば、人生を変えてしまうようなマイナスになることだってありますよね。
とても身近なことだと、『クーポン』にはちょっと注意して欲しいです!

クーポンをはじめポイントカードなどは、賢く使えば節約になるし、得する事も多いですが、クーポンやポイントカードに使われないこと!
クーポンを使わなきゃと、そんなに欲しくないものを買ったりするのはNGですよ!

【執着心を手放す方法④】本当に欲しいもの?と自分に問いかける

①③のことを含め、執着するものが本当に欲しいものか考えてみて下さい。
人、モノ執着しているものは、もう手に入らないのでは?と思う恐怖心からかもしれません。

そんな強迫観念に常に囚われていたら、本当に手に入らなくなっちゃいますよ!

執着しているものがある時、執着しそうな時は、『それって本当に欲しいもの?』と落ち着いて自分自身に問いかけてみて下さい。

執着心を手放す方法でした。
一つの目標を目指して頑張ることは、とても素敵なことです。ただ、マイナスな執着になっているものは見直してみて下さい!