感動するアニメ映画!メアリー&マックスがおすすめ

LIFESTYLE

憎たらしいほどの傑作映画!実話をもとにした20年にわたる“絆”の物語。
そんなおすすめ映画「メアリー&マックス」の見どころをご紹介します♪

おすすめ映画「メアリー&マックス」①あらすじ

引用:www.amazon.co.jp

まず最初におすすめ映画「メアリー&マックス」のあらすじをご紹介します。

メルボルンに8歳の少女“メアリー・デイジー・ディンクル”が暮らしていました。
メアリーの家庭は貧しく、学校でもいじめにあっていました。
ある日メアリーは「アメリカに住む“誰か”に手紙を贈ろう」と想いたち、電話帳から選んだ人物に手紙を書きます。

その手紙はニューヨークに住む“マックス・ジェリー・ホロウィッツ”に届けられました。
マックスは人付き合いが苦手で孤独な独り身44歳の男性でした。

これを機に、メアリーとマックスの20年に渡る交流がスタートするのです!

おすすめ映画「メアリー&マックス」②登場するキャスト

引用:pilog.jugem.cc

おすすめ映画「メアリー&マックス」には実力派のキャストが勢ぞろいしています!

映画「メアリー&マックス」に一番重要といっても過言ではないナレーションは、オーストラリアの俳優バリー・ハンフリーズさんが担当。
日本語吹き替え版では有名声優の富田耕生さんが担当しています。

引っ込み思案の女の子“メアリー・デイジー・ディンクル”の声はオーストラリアの女優トニ・コレットさん、日本語吹き替え版では女優の平岩紙さんが演じています。
一人身の寂しい男性“マックス・ジェリー・ホロウィッツ”の声はアメリカの俳優フィリップ・シーモア・ホフマンさん、日本語吹き替え版では俳優の三宅弘城さんが演じています。

どの声優も実力派として世に名が知れる人物で、映画「メアリー&マックス」の物語にぴったりです。

おすすめ映画「メアリー&マックス」③実話がもとになっている!

引用:www.lomography.de

おすすめ映画「メアリー&マックス」は、アダム・エリオット監督の実話を元に描かれています。

映画「メアリー&マックス」では主人公の一人“マックス・ジェリー・ホロウィッツ”が「アスペルガー症候群」として描かれています。
ですが、実際のアダム・エリオット監督は「病理震顫」という疾患を持っているのだとか。

そんなアダム・エリオット監督が長年文通をしているというニューヨークに住む“ペンパル”さんが、マックスと同じ「アスペルガー症候群」を患っています。
その実話から着想を得て映画「メアリー&マックス」を描いたのです♡

おすすめ映画「メアリー&マックス」④見どころ

様々な賞を受賞したおすすめ映画「メアリー&マックス」には見どころが満載!

なかでも一番の見どころは、メアリーとマックスの豊かな表情。
メアリーが涙を流すシーンでは下唇がフルフルと震え、まるで本当の人間の泣く姿を見ているかのような映像になっています。

両親からあまり愛情を受けずに育ったメアリーは、いじめられっこで友達もいません。
好きな人への告白も失敗し、「私なんか誰からも愛されない存在なんだ」と落ち込んでしまいます。

そんなメアリーの姿に共感してしまう方も多いのではないでしょうか?

今回は、おすすめ映画「メアリー&マックス」の見どころをご紹介しました。
誰でも共感してしまうような感動の物語、ぜひ一度ご覧になってくださいね。