男の子から人気!アニメ映画スチームボーイがおすすめ

Lifestyle

世界から人気な映画「スチームボーイ」は観ましたか?
なんと制作期間は9年間、総製作費は24億円、総作画枚数18万枚!
ここまでこだわり抜いた映画観たことない!?そんなおすすめの映画「スチームボーイ」の見どころに迫ります♪

おすすめの映画「スチームボーイ」①あらすじ

出典:tarax40.at.webry.info

まず最初におすすめ映画「スチームボーイ」のあらすじをご紹介します♪

1866年イギリスのマンチェスターは科学技術に発展を遂げており、人類が欲望した発明が生み出されようとしていました。
発明一家に産まれた“ジェームス・レイ・スチム”のもとにある日、祖父の“ジェームス・ロイド・スチム”から「スチームボール」と呼ばれる発明品が届きます。

それと同時に「スチームボール」を狙う“オハラ財団”にレイは襲われてしまいます。
連れていかれた先でレイは、実の父“ジェームス・エドワード・スチム”と再会を遂げるのです!

おすすめの映画「スチームボーイ」②気になる声優は?

出典:www2.toho-movie.jp

おすすめ映画「スチームボーイ」に登場するキャラクターは、豪華な俳優陣が声優を務めています。

本作の主人公は、発明好きの少年“ジェームス・レイ・スチム”の声を女優の「鈴木杏」さんが演じています!
また、レイの祖父“ジェームス・ロイド・スチム”の声を大御所俳優の「中村 嘉葎雄」さん、レイの父親“ジェームス・エドワード・スチム”の声を俳優兼声優の「津嘉山 正種」さんが務めているんです♪

制作期間や作画意外にも声優にもこだわりぬいた映画となっています。
役柄にぴったりな配役も、一つの見どころですよ☆

おすすめの映画「スチームボーイ」③イギリスが舞台!

おすすめ映画「スチームボーイ」は、あらすじにも書いたようにイギリスを舞台に描かれています。
美術の「木村真二」さんが実際に舞台となるイギリスへ足を運び、ロンドンからマンチェスター、ヨークという古い街などを見学したのだそう。

主人公のレイが働いていた工場もマンチェスターの博物館をモデルにしたのだとか!
このようにアニメの背景にもすごくこだわっており、リアルに描かれています。

映画「スチームボーイ」を観ているだけで、イギリスに旅行に行った気分になれちゃうかもしれません♪

おすすめの映画「スチームボーイ」④見どころは?

出典:seven.main.jp

おすすめ映画「スチームボーイ」には見どころをご紹介します♪

一番の見どころは、メカニックなデザインの美術!
なかでもスチーム城の風景は必見で、ひとつひとつのデザインに鳥肌が立ってしまうほど美しいものです。

邦画映画とは思えないほどのテンポの良さも、見どころにひとつです。
最初から最後まで止まらない勢いにドキドキ・ワクワクしながら楽しめちゃうこと間違いなし!

男の子と観ても盛り上がる、おすすめの映画です♡

今回は、おすすめの映画「スチームボーイ」の見どころをたっぷりご紹介しました。
9年もの期間をかけて制作したこだわりの、映画は観て損はありません!
ぜひ一度ご覧になってくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。