お風呂のせいで乾燥肌になる!?冬のバスタイムNG行動6つ

夏のバスタイムはシャワーで済ませていたという人も、寒くなってくると湯船につかりたくなりますよね。
一般的にはシャワーだけで済ませるよりも、湯船にしっかりつかったほうが、体も温まりお肌にも良いイメージがあると思います。

しかし、その考えをすべてをうのみにして行動するのは間違いかも!
もしかすると自己流のバスタイム法が、お肌をさらに乾燥させる原因になってしまっているかもしれませんよ。

乾燥肌が悪化する!?冬のバスタイムNG行動① お部屋でメイクを落としてお風呂へ

お風呂に入る前に、まずはお部屋でメイクを落とし、その後にお風呂へ向かう。
そんな人も多いのではないでしょうか。

実はメイクを落とした直後のお肌は、非常に乾燥しているのです。
このままお風呂に入り、湯船つかることで体が温まると、毛穴が開いて水分がさらに逃げやすくなってしまいます。

なのでメイク落とし後は必ず保湿をして、それからお風呂に入りましょう♡
きちんと保湿を使用しておけば、湯気のお陰で温感パックのようになるので、美肌へと導いてくれますよ。

乾燥肌が悪化する!?冬のバスタイムNG行動② お湯の温度が高すぎる

寒い日に、熱い湯船に入ると……心地よくて、なんだか幸せな気分になりますよね♡
熱ければ熱いほど、体がよく温まるようにも感じます。

しかし熱いお湯は肌表面の皮脂やセラミドを落としすぎてしまう原因になることを、覚えておきましょう。

湯船の温度が、体温よりも高い42度以上である場合には、体が温まる前にのぼせてしまうという危険性も兼ね備えています。
あまり熱いお湯につかってしまうと、結果としてお風呂から上がると、すぐ冷えてしまうのです。

お肌の潤いのためにも、冷え防止のためにも、湯船の適温は冬でも37〜39度であることを心得ましょう。

乾燥肌が悪化する!?冬のバスタイムNG行動③ 長い間湯船につかりすぎる

適温を保った湯船であれば、長時間つかっていてもOK!
お風呂に長く使って汗をかくと、痩せそうだし、長く入れば入るほど良い……そんな風に考えている人も多いのですが、実はこれらの考えも間違っているかも?
「長くつかる=体が温まる」というわけではないことを覚えておきましょう。

適温でぬるめのお湯に10〜20分つかるのが、体にとってもお肌にとってもベストなのです。

乾燥肌が悪化する!?冬のバスタイムNG行動④ 入浴剤の刺激が強すぎる

様々な入浴剤が販売されているので、思わず手にとって、片っ端から試してみたくなりますよね。
香りには癒し効果があるので、疲れている女子は特に使いたくなってしまうもの。

しかし、どんな入浴剤を使用するかによって、もしかするとお肌に負担をかけてしまったり、乾燥を招いてしまうこともあるので注意が必要です。

様々な種類がある中でも、硫黄系の物質が入っている入浴剤は、比較的刺激が強めです。
肌質やお湯の温度によっては、化学物質が合わないという可能性も考えられます。

そんなお肌トラブルを避けるためにも、入浴剤を購入する際には、低刺激のものを選ぶように注意しましょう。
もしくは入浴剤ではなく、オイルやグリセリンを入れるだけでも、十分入浴剤の代わりを果たしてくれ、その上保湿効果も期待できますよ♡

乾燥肌が悪化する!?冬のバスタイムNG行動⑤ ゴシゴシ洗いすぎ

体を洗う際にナイロンタオルにボディソープをたっぷりと付けて、ゴシゴシと洗っていませんか?
こうした行動はお肌を傷つけ、乾燥肌へと導いてしまう原因になるので要注意!

お肌が敏感になっている冬は特に、手か柔らかい綿タオルで洗うことを心掛けましょう。
そして、たっぷりと付けがちなボディソープですが、基本的な汚れはぬるま湯で落ちます。
必要以上に使用することで乾燥してしまうことを防ぐため、汗をかいたり汚れやすい脇・アンダーゾーン・足の裏などだけを、石鹸を使って洗う方法に切り替えましょう。

しかし毎日それだけでは、本当に汚れが落ちているのか不安になってしまいますよね。
全身石鹸を使って洗うのは、3日おきくらいでも丁度良いといわれています。
このペースを把握し、清潔さとお肌の潤いをキープしましょう♪

乾燥肌が悪化する!?冬のバスタイムNG行動⑥ 強めのシャワーで洗い流す

使用した石鹸の泡や汚れをしっかりと落とすために、強めのシャワーを使って洗い流していませんか?

湯船につかってふやけたお肌に強いシャワーを当ててしまうと、角質層が痛んでしまう原因になります。

こうした肌トラブルを防ぐためには、熱すぎない温度の弱い水量を意識したシャワーを当てるようにしましょう。

シャワーは便利なので使いがちですが、本来は洗面器にためたお湯を使って流すとさらに良いでしょう。
意外とやりがちな行動ばかりですが、そうしたことが原因で、冬のお肌はどんどん乾燥してしまうのですね。
どれも意識を変えればすぐに直せる習慣ばかり!
冬は潤いたっぷりのボディを目指すためにも、間違えた習慣を直すところから始めてみませんか?

【関連記事】1回たった17円で綺麗になれる?簡単に自宅でできる炭酸風呂の方法

炭酸水はダイエットや美容、健康にいいといわれており、飲む習慣をつけている方もいるのでは...

バスタイム 乾燥肌 NG お風呂

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる