女性らしいカラダづくりなら!『いいとこどりスクワット』に挑戦

BEAUTY

脚痩せ・お尻痩せといったら”スクワット”。
真剣にやるとかなり疲れるエクササイズです。
そのあとに腹筋や背筋を鍛えようものなら、もう体がついていかなくなってしまいます。
今回はスクワットをやりながら、全身効率的に引き締めることができるスクワットをご紹介します。

まずはおさらい♪引き締めに効果的なスクワットの正しいやり方

スクワットの正しいやり方を、簡単にご説明♪

脚を曲げたり伸ばしたりするスクワットですが、効果を得られるようにするためには、曲げ伸ばしだけではダメなんです。

膝を曲げた時に、膝が足のつま先より飛び出す部分が少なくなるように行いましょう。
さらに、お尻は突き出すようなイメージで。
そうすることで、太もも・もも裏・お尻の筋肉を鍛えることができます。

曲げたり伸ばしたりするだけでは、太もも全体やお尻に負荷がかかりにくくなり、引き締め効果が減少してしまいます。

なぜスクワットがダイエットや引き締めに効果的なのか…?

スクワットがダイエットや引き締めに効果的なのか。
スクワットは一見、下半身だけに負荷がかかっているように見えますが、実は全身運動なんです。

お腹痩せや腹筋を鍛えるのなら、腹筋運動をやるのではなく、スクワットをした方が効果的なんです。

使う筋肉量がスクワット「15回=腹筋500回」なんてデータもあるくらいなんです。
それならばスクワットを選びたいものです。

女性が気になる三大部位は、引き締め効果もある『いいとこどりスクワット』で!

それでは今回の記事の本題にいよいよ入っていきます。
普通にやっても全身運動できるスクワットを、さらに女子得なエクササイズにしてしまおうというのが今回の目的。

女性が気になる部分と言えば、
✔太もも
✔お腹周り
✔背中
の脂肪ですよね。

背中の脂肪は普段見えにくい場所だから見落としがちですが、発見したときのショックといったら…。
年齢を感じる瞬間でもあります。

今回紹介するスクワットは、3つの悩みを解決する『いいとこどりスクワット』。
早速見ていきましょう!

引き締め効果もある♪『いいとこどりスクワット』で三大悩みを解決!

それでは『いいとこどりスクワット』のやり方についてご説明いたします。

下半身は一番最初に書いた通りに行ってください。
ポイントは上半身です。

①膝を曲げる前の姿勢は、手をグーにしてまっすぐ前に出す。
②膝を曲げる過程で、手を後ろに平行に引く。
※後ろに引いたときに、お尻が突き出しており、背中が弓なりに沿った状態がGOOD!
③膝を伸ばすとともに手を再び前へ。

これを繰り返すだけです。
背中の筋肉は沿うことで鍛えられ、手を後ろに引き、肩甲骨を寄せることで、綺麗な背中づくりが目指せます♡
引き締め効果も、たっぷりあります♪

全身の引き締めにも効果的な、『いいとこどりスクワット』をご紹介しました。
実際にやってみましたが、たったの2回でポカポカしてくるレベルです。
お腹に力を入れながら行うと、より腹筋も鍛えられるのでおすすめですよ◎