朝昼のうちに8割食べるのがベスト!キレイをつくる賢い食事って?♡

BEAUTY

朝食・昼食のうちに、一日の食事の80%を食べなければいけないって知っていましたか!?

美を作るための食事についてのご紹介します♡

<朝食・昼食に摂りたい食材①>色とりどり野菜はスーパーフード!

緑黄色野菜には、フィトケミカルと呼ばれる栄養群が豊富です。

たとえば、トマトに含まれるリコピンは肌のくすみに予防に力を発揮します。

また、カボチャに含まれるβカロテンや、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは抗老化に力を発揮します。

色とりどりの野菜は最強のスーパーフードです!1日255gを目安に摂取しょう。

<朝食・昼食に摂りたい食材②>青魚を週4食べて、タンパク質を摂取!

カロリーを気にして、肉や魚などのタンパク質が豊富な食材を避けている人は要注意です。

材料になるタンパク質が不足すると、肌も髪もボロボロになってしまいます。

朝昼の食事には、必ずタンパク質を含む食材を用意しましょう。

お肉中心の食生活を送っている女子も多いのでは?
良質な油が豊富な青魚は、週に4回は取り入れた方がいいそうですよ!

<朝食・昼食に摂りたい食材③>日本の食べ物で腸を整えよう!

日本の伝統・発酵食品で腸からキレイになりましょう。

日本で古くから親しまれている味噌や納豆、漬物などの発酵食品は腸を元気にする食べ物です。

発酵食品で腸の環境が良くなれば、消化吸収&排泄力がアップします。

質のよい栄養素を効率よく吸収できる腸内環境は、美肌や美髪を育むための基本ですので、みなさん腸を整えましょう。

朝食・昼食・夕食で食べる量のバランスを考えよう!

朝食、昼食、夕食の順に多くなる食事量のバランスは、美容の敵なんです!!

寝る前にたくさん食べると消化不良を起こし、睡眠不足から肌荒れしたり肥満になったりすることも。

理想の3食バランスは、朝から晩にかけて少なくなっていくことです。

朝食、昼食、夕食のバランスを見直してみましょう。朝食と昼食だけで、1日の食事の80%を摂るのがベストです!

いかかでしたか?
緑黄色野菜を摂る、主に青魚などのタンパク質を摂る、日本の伝統食品を摂る、朝昼夜のバランスを考える、を守って食生活美人になりましょう♡

2015.03.06 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。