新学期も安心♪人見知りさんが友達を作る時に役立つ4つの言葉を紹介

LIFESTYLE

みなさんは人見知りですか?私は高校生の頃、かなり激しい人見知りでした。今でも人見知りですが、大学に入学してから、ある言葉で友達をたくさん作ることができました!「初対面の人に話しかけられないし、友達できないかも…」なんて悩んでいる方必見です!

友達を作れる言葉①「なんて呼んだらいい?」

私はこれを一番よく使います。

ずっと「苗字+さん」や「名前+ちゃん」だと、なんだかよそよそしい…。
だからといって、こちらから「○○って呼ぶね!」と勝手にニックネームを作ったりするのもNG。相手には嫌な呼び方かもしれません。

自分が一番気に入っているニックネームで呼んでもらうのが一番うれしいんです。みなさんだってそうですよね?

ニックネームで呼ぶのは仲のいい証拠。そこからどんどん仲良くなるかもしれませんよ♪

友達を作れる言葉②「それかわいいね!」

自分の持ち物をほめられて嫌な人はいないはず。

相手の持っている物がかわいいと思ったら、「それかわいい!」と言ってみましょう。
「どこで買ったのー?」だったり、「このブランド好きなの!」なんて話が広がるかもしれませんよ。

趣味が似ていることがきっかけで仲良くなったという人は私の周りにも何人もいます。趣味が似ていれば、一緒に買い物にも行っても退屈することもありません。

「あの子の持っているものかわいい…」と思っているだけではなく、ためらわずに話しかけてみましょう♪

友達を作れる言葉③「どこ出身なのー?」

大学に入ると高校までとは違い、北から南までさまざまな都道府県の出身者が集まってきます。
それなら出身県を聞いてみるのもあり!

もし同じ県の出身だったら、ジモトーク(地元のトーク)に華を咲かせること間違いなし!
意外と自分と出身が同じ人を見つけるとうれしいものですよ♪地方出身者なら尚更です。

もし出身が自分と違う県でも、「そこって○○が有名なとこだよね?」「あ!そこ、昔旅行で行ったことある!」「お土産で○○を貰ったことがあるんだけど、あれおいしいよね~♪」などなど、その県にまつわる話をしてみましょう。きっとよろこんでくれるはず。

友達を作れる言葉④「なんの授業取ってるー?」

これは大学生だからこそ使える言葉です!
たくさんある授業の中から選ぶので、あらかじめ一緒に取ろうと決めておく以外は、なかなか友達と被ることがありません。

仲良くなりたい子に「なんの授業取ってるー?」と聞いてみて、もし自分と同じ授業だったら、「一緒に受けようよ!」と言ってみましょう。
毎週顔を合わせることになるので、学期末までには自然と仲良くなっているはず♪

もし授業を休んだ時にもノートやレジュメを見せてもらえるので、心強いですよね。
また、テスト勉強をするときも一人ではないので、わからないところを教えあえます!

いかがでしたか?友達は、4月のうちに作っておいた方が絶対にいいです!そのため、初めが肝心。これら4つの言葉を上手く使ってたくさん友達を作っちゃいましょう♡