上から目線にカチンッ!「クレーマー」気質の人の共通点&対処法

LIFESTYLE

やたらと難癖をつけたがる「クレーマー」気質の人っていますよね。
ビジネス、私生活においてもクレームは避けては通れないものですが、理不尽なクレームを上手く収めるための、クレーム対応力は高めておきたい!
ここでは、クレーマー気質の人の共通点を挙げます。そこから、対処法を探しましょう。

クレーマー気質の人の共通点① 損得勘定が強い

クレーマー気質の人は、損得勘定が非常に強いです。

「自分さえ得をして幸せなら良い」という考えが、結果的に大損に繋がることに、まだ気がついていないようです。

クレーマー気質の人の共通点② 固定観念にとらわれている

ひとつの考えに固執しすぎると、柔軟な対応ができなくなります。

また、固定観念と劣等感は比例するので、劣等感を隠すために、クレームをつけているのかもしれません。

クレーマー気質の人の共通点③ 過剰な期待をする

例えば、美味しいと評判の飲食店に行ったとしましょう。しかし、噂とは違い、料理はまずい、接客態度も悪いとなれば、モヤモヤとした気分になりますよね。

このような大きな期待はクレームに繋がってしまうので、期待値は高くしない方が、平穏に過ごせるのかもしれません。

クレーマー気質の人の共通点④ 支配欲が強い

クレームで要求を叶えると、相手を服従させたような達成感を得る人もいるようです。

このタイプは非常にプライドが高いので、DV気質の可能性もゼロではありません……。

クレーマー気質の人の共通点⑤ 方向性を見失っている

上から目線キャラなど、他人が持つ自分に対するイメージを守るために、クレームをつけている可能性もあります。

しかし、その行動が友達を失う原因に繋がるので、手遅れになる前に、自分のキャラを壊す覚悟を持ちましょう。

クレーマー対処法① 自己嫌悪から脱出する

ここからは、対処法をご紹介します。

まず、クレームをつけられやすい人を知りましょう。クレームをつけられやすい人の中には、自己嫌悪や自己攻撃が強い人が多いです。

自己嫌悪が強い人は、他人から攻撃をされたとき、「自分が悪いからだ」と、すぐに思います。相手がクレーマー気質の場合、その隙をつかれて攻撃されるので、お手上げ状態になってしまうんです。

このタイプの人には、学歴や社会的地位など、自分にないものばかりが見えてしまう人が多いと思います。
「自分に残ったものがあなたにとって必要なもの」なので、それを活かす努力をしませんか?

クレーマー対処法② 寄り添う姿勢を見せる

クレーマー気質の人の共通点から、クレーマー気質の人は「人との繋がりを感じたい」と、強く思っていることがわかります。

クレームをつけられたら、イラっとし、不快感でいっぱいになると思いますが、クレーマーは共感を得たいだけという可能性もあります。その場合、謝罪に加え「相手の具体的な状況」を盛り込むなどして、共感力を伸ばしましょう。

また、クレーマーの時間も大切にしてください。
クレームを処理するのではなく、“寄り添う姿勢を見せること”が、対処法のひとつです。

中には、クレームをつけて楽しんでいるような人もいるので、自分の心をしっかり守ることも大切です。
クレーマー気質の人の前では、普段以上に背筋を伸ばしてください。