入居前に確認!「シェアハウス」暮らしのメリット・デメリットって?

テラスハウスブーム以来、シェアハウスで暮らす人たちが増えてきているようです。
男女が集まるシェアハウスですから、出会いもあるでしょう。
しかし楽しいことだけとは限りません。いろいろな人が集まってきているからこそ、うまくいかないときもあります。
そこで今回は、シェアハウス暮らしのメリット・デメリットをご紹介いたします。

シェアハウスに暮らすメリット①初期費用をおさえられる

シェアハウスのメリットは、初期費用をおさえられること。
一人暮らしをするとなると、家賃のほかにもお部屋を借りるのにさまざまな費用が発生します。保証会社をつければ、さらにかかることに!

家賃によって金額は変動しますが、数十万円はどうしてもかかってしまいます。
しかしシェアハウスの場合は、あくまでもみんなで共有するかたちになるため、一人暮らしをするよりかは費用をおさえられるでしょう。

実家を出たいけどそこまで初期費用をかけられない人にとっては、まさに好都合のやり方なのです♡

シェアハウスに暮らすメリット②出会いやすい♡

テラスハウスをみて分かるように男女が集まっていれば、当然、出会いがあり、カップルも成立するでしょう。
シェアハウスで出会い、そのまま結婚へ至るケースも今は珍しくありません!

職場以外で出会いを求めていたり、婚活に力を入れているけど実らなかったりと、自分らしい恋を求めている人にとっては、いい環境になるのでメリットになります♡

長時間、一緒に過ごせばお互いのいい部分・嫌な部分もみえて、ちょうどいいかもしれませんね♪

シェアハウスに暮らすデメリット①破局したら気まずい

シェアハウスで出会い、そのままゴールインをしてくれたら万々歳!
しかし、そんなに簡単にうまくいくほど甘くはありません。最大のデメリットは、彼と破局することになったら、周囲も含めて関係がギスギスしてしまうこと……。

二人が付き合っている間はみんなも一緒に楽しめても、別れた場合は、それぞれに気を使わなくてはいけません。

きっと別れた本人たちも周りに気を使わせて申し訳ないと思っているはず。
シェアハウスの中で彼と付き合うとなったら、万が一破局した場合のことまで話し合っておくと、周りとの関係性も崩れずに済むでしょう♪

シェアハウスに暮らすデメリット②苦手な人とも一緒に住まなければいけない

最後にご紹介するデメリットは、シェアハウスで暮らしている全員と気が合うとは限りません。
「学校」や「職場」がそうであるように、さまざまな生い立ちや環境で過ごしてきた人が集まれば、どうしても波長の合う人と合わない人がでてきます。

学校や職場の場合は家に帰れば、気が合わない人とは距離を置くことができますが、シェアハウスの場合は同じ家に一緒に住まなければいけません。

どこまでもパーソナルスペースがなく、苦手な人とも付き合わなければいけない環境を苦痛に思うなら、シェアハウスよりも自分の部屋を借りたほうがいいかも……。
いかがでしたか?
「シェアハウス=楽しい」と思い込むのは危険です。
メリットもデメリットもよく考えたうえで、シェアハウス暮らしを始めるかどうか考えてみましょう♡

【関連記事】プチ新婚さん気分が味わえる♡最新!モデルハウスデートの魅力

男性と違って、出産など年齢的なタイムリミットがある女性にとって、彼とのお付き合いはでき...

シェアハウス メリット

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる