切り花を長持ちさせる方法って?もっと長く飾っておきたい方のために

切り花ってせっかく頂いたのに、すぐに枯れてしまう……。
もっと長い間飾っておきたい!
そんな方のために、切り花を長持ちさせる方法をご紹介したいします。
ぜひ参考にしてみてくださいね♡

切り花を長持ちさせる方法①エアコンの風を当てない

エアコン

まず置く場所は、エアコンの風が当たらないところに置くことがポイントです♡

人間でも、エアコンの近くに長時間いると、風邪を引いたり身体を壊してしまいますよね。
お花だって同じです。

また、太陽の光も要注意!
水の中のバイ菌が繁殖しやすくなり、結果的にお花が枯れてしまいますよ。

どうしても切り花を長持ちさせたいときには、暗くて涼しいところに置くという方法がおすすめです。

切り花を長持ちさせる方法②常に綺麗な水に入れる

チューリップ

花瓶の中のお水は、すぐに腐ってしまいます。
お水が腐ると、お花が枯れてしまいます……。

なので、できれば毎日花瓶のお水を変えるようにしましょう♪
こちらも、切り花を長持ちさせる方法の1つです。

とくに真夏の時期は必ず変えたほうがいいですよ!
バイ菌は暑くなると繁殖しやすくなります。

花瓶用のスポンジを一つ用意して、そのスポンジで毎日しっかりと花瓶の中を洗うようにすると、さらにお花が長持ちしますよ♡

切り花を長持ちさせる方法③茎を切る

切り花

続いてご紹介する、切り花を長持ちさせる方法は、花瓶のお水を変えると同時に、毎日水に浸かっている部分の茎を切るという方法!

茎の色が変わっているところが、腐ってしまっている部分ですので、わかりやすいですよ。
茎の色が変わっている境目から1cmほど上のところを切るようにしましょう。

切ることで、お花はぐんぐんとお水を吸うことができるようになります。
お花用のハサミを用意しておくと便利ですよ♪

水が浸かる部分が多いと、その分切るところが増えてしまうので、お水はできるだけ少なめに入れるようにしましょう。
3〜5cmほどが丁度いいお水の量だといわれています♡

切り花を長持ちさせる方法④葉っぱに霧吹きをする

霧吹き

本来お花は、茎からだけではなく葉っぱからも水分を吸収しています。
なので、毎日花瓶のお水を変えると同時に、葉っぱにも霧吹きで水分を吹きかけてあげましょう!
こちらも、切り花を長持ちさせる方法の1つ♪

<霧吹きで水分を吹きかけるときのポイント>
①葉っぱの裏側にかける
②花にかけないように気をつける

小さい余計な葉っぱや、枯れかけてしまっている葉っぱはとってしまいましょう!
枯れてしまっている部分があると、他の葉っぱやお花も枯れるのが早くなってしまいますよ。
切り花を長持ちさせる方法はいかがでしたでしょうか?
せっかく頂いたお花は、しっかりとお手入れをして、少しでも長生きをしてもらいましょう♪
あなたのお手入れ次第で、びっくりするほど長生きしてくれるはずです!
ぜひ試してみてくださいね♡

【関連記事】何で作られている?実はこれコーヒーフィルターを活用したんです♡

ドリップして飲むコーヒーは、コーヒーを淹れる時間からいい香りが部屋に漂う優雅な時間♡とは...

切り花 長持ち 方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

森山 沙耶香

こんにちは!さやかです!トレンドを追いかける事が大好きです!みなさんと素敵な女性を目指していけたら…

>もっとみる