経験者が語る!女子にとってツラい《冷房病》に気を付けて!

LIFESTYLE

夏の暑さも増してきて、そろそろクーラーの出番ですね!
でもクーラーの使い過ぎは体に良くありません。
ここでは、私も経験したツラい『冷房病』について、対策法も含めまとめていきます☆

冷房病とは……?

みなさんは『冷房病』という言葉を、聞いたことありませんか?

冷房病とは正式な病名では無いのですが、冷房が強くきいている所に長時間いた後、外に出るとその温度差で体調不良に。

自律神経のバランスが乱れてしまうそうです!

私も学生時代から冷房による体調不良は何度かあったのですが、数年前病院に行く程辛い思いをしました。

冷房病の症状って?

冷房病の症状は色々あります。
肩こり、頭痛、神経痛、腹痛……さらに、食欲不振になったり、便秘、下痢、不眠、月経不順などなど。

私の場合、頭痛、吐き気、骨の痛みなどで体中がダルく、この期間は本当に辛かったです。

食欲もほとんど無く、たかが冷房と思っていましたが……
冷房との付き合い方は、気を付けないといけないなと感じました!

【冷房病対策法①】エアコンの取り入れ方に気を付ける

冷房病の対策法を書いていきます。まずは、やはり冷房の取り入れ方!

体感温度は様々なので何℃とは言えませんが、「寒いな〜」と感じない温度が基本です。
常にエアコンに頼るのではなく、窓からの涼しい空気で過ごす時間を作ったりして下さい☆

また、冷房の風に直接当たらないように、風向きにも気を付けて下さい。

学校や会社、公共の場だと、温度や風向きの調整は難しいです。羽織もの、腹巻き、ひざ掛けなど、夏場でも冷え対策を忘れずに!

【冷房病対策法②】基本的な体調管理

食事はほとんど、冷房の効いた室内で食べますよね。
夏だからって冷たいものばかり食べていたら、体がさらに冷えてしまいます。体を温める食事は大切です☆

そしてお風呂。夏はシャワーだけで済ませがちですが、半身浴で体をしっかりと温めるのが、良いそうです。シャワーより入浴!

また運動も大切。日頃から適度な運動をして下さい♪
どれも体調管理の基本的なことですが、基本が一番大切なんです!

冷房病についてでした。
私は冷房病になる前まで、シャワー派でしたし、アイスばかり食べていたし……。
日頃からのちょっとした対策で、冷房病は防げます。
夏は冷房病に注意しましょう!★

2015.05.27 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。