ウェルカムドールやブーケも♡知っておきたい結婚式の手作りアイテム

結婚式の準備を始めるにあたって必ずぶつかるマネー問題。
思っていたより費用がかかってしまった……、みんなと同じ普通の式になっちゃった……など、残念なウェディングを避ける為に活躍するのが手作りアイテムです!

簡単に作れる物を手作りしていくだけで、予算が抑えられるほか、世界に一つのウェディングアイテムでおもてなしすることができるんです。
今回は手軽に手作りできるウェディングアイテムをご紹介します♪

手作りできるウェディングアイテム①招待状

最初にご紹介する、手作りできるウェディングアイテムは「招待状」です。
招待状はウェディングの顔とも呼ばれるアイテム。そのため、式全体のテーマをしっかりと構成してから招待状作りに取り掛かるように気を付けましょう。

キュートなウェディングにしたいなら、可愛いデザインの招待状を。大人な雰囲気のウェディングにしたいなら、モードなデザインをチョイス。式のイメージと招待状のデザインを合わせることで、全体的に統一感のあるウェディングに仕上がります。

また、招待状は遅くても2カ月前にはゲストの手元に届くように郵送する必要があります。
なので、あまりギリギリになってしまわないように、前もってしっかりと準備するように心がけましょう。

手作りできるウェディングアイテム②席次表・メニュー表

次にご紹介する、手作りできるウェディングアイテムは「席次表&メニュー表」です。
こちらの2点は、同じデザインの物で統一するのが一般的なので、セットで用意する必要があります。
また、友人だけでなく親戚や上司なども目を通すアイテムであるため、どの年代の方でも読みやすいようなスッキリとしたデザインを選ぶように心がけましょう。

席次表&メニュー表を手作りする時は、オリジナル性をプラスしてくださいね♡
新郎新婦の共通の趣味のイラストなどを盛り込んで、2人だけの世界感を表現しても素敵です。

ウェディングの手作りアイテムとして人気の高い席次表ですが、名前の記入ミスがないよう、細心の注意を払わなくてはいけません。さらに、欠席者などがあるたびに修正をしなければいけないので、時間に余裕を持って作成しましょう。
出席者が確定した時点からアイテムの作成にとりかかり、入念に見直しをしてミスがないように気を付けましょう。

手作りできるウェディングアイテム③ゲストブック

次にご紹介する、手作りできるウェディングアイテムは「ゲストブック」です。
ゲストブックは、披露宴会場に入る前受付でゲストが名前を記入するもの。いわば出席簿のような役割を持つものです。

ゲストブックの表紙は、手作りアイテムの中でも特に人気が高いです。100均アイテムを使って、簡単に自分だけのゲストブックを作ることができると注目を集めているんです♪
さらに、中身は「名前」「住所」を書けるようにすれば良いだけなので、パソコンでも簡単に作成可能!不器用さんでも簡単に挑戦できる手作りアイテムなんですよ。

また、ゲストブックにサインをするペンも、可愛いくアレンジすることが可能です。
普通のボールペンにリボンを巻いたり、造花をつけたりするだけで、簡単にオシャレなペンが完成するので同時に取り入れてみてくださいね♡

手作りできるウェディングアイテム④ブーケ

girlydrop.com

次にご紹介する、手作りできるウェディングアイテムは「ブーケ」です。
花嫁さんの必須アイテムとして、ウェディングでは重要な役割を担うブーケ。しかし、資格のない一般人が手作りするのは無理だと諦めていませんか?実は素人でも、少しだけ教わる機会があれば、簡単にブーケを作ることができるんです!

とはいっても、花屋で揃えたお花を自力でブーケにしようとするのはやっぱり難しい……。地域で検索すると、ウェディングブーケの講習会などが開かれている場合があるのでぜひ参加してみましょう♪ウェディングブーケの講習会がなくても、地域のお花教室でOKですよ。

生花を扱う作業になるので、プロにしっかりとノウハウを教わったうえで、自分だけのオリジナルブーケを作成してみましょう!

手作りできるウェディングアイテム④リングピロー

次にご紹介する、手作りできるウェディングアイテムは「リングピロー」です。
女性の憧れともいえる、指輪交換の際に使用されるリングピロー。最近では、使用したリングピローを披露宴会場の受付に飾ったりと、ゲストの方々に見てもらえる機会が増えてきました。

ぜひ、プレ花嫁さんはリングピロー作りに挑戦してみてください!
大きなリボンを主役にしたり、ブーケのとお揃いのお花を使用したりと、そのアイディアは様々。清楚なレース生地や艶の美しいサテン生地の布を使用するのはもちろん、ボックスをメインにしたオリジナルアイテムも素敵。
いずれにせよ大切な結婚指輪を置いておくアイテムだから、自分のお気に入りのデザインを使用したいですよね。

一から作るのは自信がないという方は、リングピローの作成できるキットを購入する方法も◎。インターネットやお裁縫ショップで販売されており、順を追って進めるだけで簡単に作ることができるのでおすすめですよ。

手作りできるウェディングアイテム⑤ウェルカムアイテム

次にご紹介する、手作りできるウェディングアイテムは「ウェルカムアイテム」。
ウェルカムアイテムとは披露宴会場の入り口に飾りゲストの方々をお招きするアイテムです。

まずウェルカムアイテムとして定番なのが「ウェルカムボード」。
絵画が得意な方、文字を書くのが得意な方はもちろんですが、その他にも写真を貼ったり印刷した文字を組み合わせて作ったりと、誰でも簡単に挑戦できるんです♡
ベースは紙以外にもボードサイズの黒板を用意して、チョークで「Welcome」の言葉、日付、新郎新婦の名前を記載するだけでも、シンプルでモードなウェルカムボードが完成します。

また、絵の得意な友人がいる場合は、その友人にウェルカムボードの制作を依頼するのも素敵ですね♪

次に、忘れてはいけない「ウェルカムドール」。
ウェルカムドールは着替えで忙しい新郎新婦に代わって、ゲストの方々をお迎えするという、大切な役割を担っています。

お裁縫の得意な方はぜひウェルカムドール作りに挑戦してみましょう♡
テディベアなどを手作りし、オリジナルのウェルカムドールを飾れば、他にはない唯一無二のウェディングに仕上がる事間違いなし!
お人形は作れないけど衣装くらいなら……という方は、お人形を購入してそれに合わせてタキシード&ウェディングドレスを着せてあげるのも素敵ですよ♪

こちらも同じく、ウェルカムドールを作成することのできるキットが販売されているので、裁縫に自信のない方にもおすすめです。

手作りできるウェディングアイテム⑦フォトアイテム

最後にご紹介する、手作りできるウェディングアイテムは「フォトアイテム」です。
せっかくの披露宴なのでゲストの方も一緒に楽しんでいただけるよう、フォトジェニックなアイテムを用意してみましょう!

例えば、会場が許す限り、壁にも装飾をしてフォトスポットを作成したり、写真撮影の盛り上がるフォトプロップスを用意してみてはいかがですか?
そうすることによって自己満ウェディングではなく、ゲストの方々にもその時間を一緒に楽しんでもらうことができますよ♪写真を沢山撮ってもらう事で、ゲストの方々の思い出に残るウェディングとなることでしょう。
手作りできるウェディングアイテムをご紹介しました。
オリジナリティ溢れる手作りアイテムは、他にはない良さがありますね。
積極的に手作りアイテムを取り入れて、賢くウェディングの準備に取り掛かりましょう♪

【関連記事】両親に感謝を伝える結婚式にしたい♡おすすめの演出5パターン♪

結婚式は、基本的に挙式と披露宴で構成されており、大体4〜5時間というわずかな時間で終了し...

ウェディング 手作り アイテム

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる