見るのも嫌になる。二の腕のブツブツは正しいケア方法で改善しよう!

BEAUTY

体型もさることながら、二の腕のブツブツに悩む女性も少なくないはず。
ノースリーブはもちろん、半袖でも二の腕が見えるので、夏場でもカーディガンなどでカバーしている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、できてしまった二の腕のブツブツを少しでも改善するためのケア方法をご紹介いたします。

二の腕にブツブツができるのはなぜ?

二の腕のブツブツは、多くの女性が悩んでいるといわれています。
二の腕のブツブツの正体は、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)や、毛孔角化症(もうこうかくかしょう)と呼ばれる皮膚疾患です。
毛穴に角質や皮脂が詰まって、固く盛り上がってしまうのが特徴。

詳しい原因はまだ分かっていないものの、早い人だと子供の頃からできており、30代頃には自然と消えていく人もいれば、消えない人もいます。
健康への影響はないものの、自分からも相手からもはっきり見えてしまうので、コンプレックスに感じてしまいますよね。

ですが、日々のケアによって軽度なブツブツであれば改善することができるのだとか♪
そこで今回は、二の腕のブツブツに悩む女性に贈る!正しいケア方法をご紹介いたします。

二の腕にできたブツブツのケア方法①ゴシゴシ洗わない

「二の腕のブツブツをしっかり洗えば改善されるのでは?」と思ってしまいがちですが、ゴシゴシ擦ることは角質詰まりの原因となるので逆効果です。

そして、ナイロンタオルも刺激が強いのでNG。

二の腕を洗うときは、素材の柔らかいものに替えるか、しっかりとボディソープを泡立ててから手のひらで優しく洗うようにケアしましょう!

二の腕にできたブツブツのケア方法②保湿を欠かさない

二の腕の乾燥は、ブツブツの原因になるといわれています。

そこで取入れたいケア方法が、保湿をすることです!
お風呂上がりは水分が蒸発して乾燥しやすい状態ですが、逆をいえば毛穴が開いているので、保湿成分を浸透させやすい状態でもあります。

保湿クリームでフタをするように水分の蒸発を防ぎながら、保湿をしましょう。
二の腕のブツブツに着目して作られたクリームを取り入れることもおすすめです♪

二の腕にできたブツブツのケア方法③ムダ毛処理に気をつける

二の腕のムダ毛が気になる方もいると思いますが、除毛クリームやカミソリでブツブツ部分に刺激を与えることは避けましょう。

患部にダメージ・負担をかけて、症状が悪化してしまう可能性があるからです。

ムダ毛のケアを行う場合は、二の腕を避けて行うようにするといいでしょう!

二の腕にできたブツブツのケア方法④ブツブツを潰さない

「ブツブツを潰すことで、凹凸がなくなるのでは?」とも思ってしまうのですが、潰さないようにしましょう!

ニキビを潰すと跡が残ってしまうのと同じように、ブツブツを潰せば色素沈着やクレーター状の跡が残ってしまう場合があります。
これでは頑張ってケアをしてブツブツが消えても、跡が残りキレイな二の腕にすることができにくくなってしまいます。

また、人によっては痒みを伴う場合があるので、無意識に掻かないよう心がけてみてくださいね。

二の腕にできたブツブツのケア方法⑤紫外線対策をする

紫外線は二の腕のブツブツのもとになる可能性もあるので、外出する際は紫外線対策をしっかり行いましょう。

日焼け止めクリームを塗ったり、UVカット効果のあるカーディガン・日傘などを取り入れたりしてケアすることがおすすめです。

日焼け止めクリームも肌に優しい低刺激処方のものにしたり、保湿成分が配合されたものを選んだりすると安心ですよ!

二の腕にできたブツブツのケア方法⑥病院で診てもらう

自宅でケアをしていても改善されない方や自己判断では不安な方は、一度病院で診てもらうことがおすすめです。

軽度な毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)から、重度な毛孔性苔癬まで診てもらうことができます。

そして、それに合わせた治療を勧めてくれるので、安心して二の腕のブツブツを改善することができますよ!

二の腕にできてしまったブツブツのケア方法をご紹介させていただきました。
普段から乾燥や刺激に気をつけるだけで、ブツブツの症状を軽減させることができます。
今からでも遅くはないので、二の腕のブツブツで悩んでいた方は早速ケア方法を取り入れてみてください。