電力自由化ってなに?どこの会社が1番お得なの?疑問を徹底解説♪

LIFESTYLE

2016年の4月からスタートした「電力自由化」。
テレビやCMで宣伝をしていますよね?
新しい制度なだけあって、分からないことがたくさんある方も多いはず!
今回は、そんな「電力自由化」について徹底解説していきます♪

「電力自由化」ってどうゆうこと?

ついに始まった「電力自由化」。

これが私たち消費者にとってどう影響してくるのでしょうか?

では、まずは簡単に現在の電力システムについて見ていきましょう!

今までの電力購入システムは、「東京電力」や「中国電力」のような大きな会社が、電力の安全供給の義務を負う代わりに、電気事業の地域独占が許されていました。

そのため、会社の業績不振やコスト増による影響は、電気料金値上げという形で、消費者自らが負担しなければならない状況にあったのです。

ですが、電力自由化によって、消費者が好きな電力会社を自由に選び、購入することが可能となりました。つまり、かしこく電力会社を選ぶことが必要になるということ!

電力会社の選び方の基準って?

電力会社はさまざまありますよね。
では、一体どのような基準で選べば良いのでしょうか?

各社の大きな違いはたった2つです。

まず、1番分かりやすいのは“電気料金”です。
使い方や使用する量が全く同じであっても、年間で計算すると1万円以上の差が付くこともあります。使う量は変わらないのに、料金だけ下がるのは嬉しいですよね!

2つ目は、“発電方法”による違いです。
電力会社によっては、地球にやさしい再生可能エネルギーを中心とした、エコな電気を購入できるプランもあります。
また、電気の「地産地消」をうたう電力会社もあり、地元で発電した電気を使うことによって、地域振興にもつながると期待されています。

それでは各社の特徴を見ていきましょう!

ガス会社【例】:東京ガス

引用:www.tokyo-gas.co.jp

東京ガスの特徴としては、セット料金の充実、関東「最安値圏」の料金、自社発電所の保有などがあります。
料金を見ると、東京電力管内ではトップクラスの安さを実現しています。

例えば、セット割りとして大手のプロバイダーと提携しているため、会社によって毎月100円~300円程度の割引が受けられます。

また、ポイントや楽天スーパーポイント、Pontaポイントのような身近なところで使えるポイントに還元できるサービスも充実しています。

このようなたくさんのメリットを持った東京ガスですが、一人暮らし世帯にはむかないと言われています。

理由としては、まず使用しているアンペア数が15A、20Aの一人暮らし世帯では、実質契約をすることができないからです。

また、契約可能な30Aに上げたとしても、そうすることにより月々の電気料金が高くなってしまうので最終的には損をすることになります。

ガス会社【例】:auでんき

引用:twitter.com

auでんきの特徴は、毎月の料金の1~5%をau WALLETにキャッシュバックして還元できる点にあります。

電気料金自体は、従来の電力会社と同価格で提供されます。
ただ、毎月使った料金に応じて毎月1~5%をキャッシュバック還元することによって、実質的な値下げを実現しています。

キャッシュバックは、au WALLETのプリペイドカードにチャージするかたちで行われます。
そのため、au電気を使うメリットがあるのは、「auユーザー」かつ「au WALLETを使っている人」となり、ターゲットは絞られてくるのです。

ガス会社【例】:ENEOSでんき

引用:www.noe.jx-group.co.jp

ENEOSでんきの特徴は、ガソリン・軽油・灯油とのセット割り、新電力としては最大規模の自社発電所保有、電気料金だけでの最高水準の「お得」を実現などがあります。

セット割りでは、ENEOSのガソリンスタンドでの給油がリッター1円引きと安くなります。
また、ENEOSでんきは通常のプランでも充分安い料金設定になっていますが、2年契約プランにすることで、更に料金は安くなります。

ただし、解約をしてしまうと違約金も発生するので注意しましょう。

ガス会社【例】:まちエネ(ローソン)

引用:www.machi-ene.jp

まちエネの特徴は、総合商社大手電力のバックアップ、コンビニ業界からの初参入、Pontaのポイントが貯まるなどが挙げられます。

このプランは、使用量が300Kwh(約7,500円)未満だと、従来の東京電力と同じ料金です。
これにPontaによるポイント還元が加わるのですが、還元率は微々たるものなので料金だけで、比較をするとあまりお得とは言えないでしょう。

しかし、大きな会社が運営するだけあって、「あんしん」「うれしい」「わかりやすい」といったコンセプトは受け入れられる期待があるでしょう。

現在は、ネットで簡単に電気料金のシュミレーションができるサービスもあります。
自分に合った電気料金プランをかしこく選べるように、早速TRYしてみましょう♪