時間をかけずに仕事力アップ!「上手な手の抜き方」のヒント

常に全力で仕事に取り組むのは不可能に近いと思うので……力加減も考えたいところ。
そこで今回は、「仕事の上手な手の抜き方」を探ってみましょう!

時間をかければいいってものではない!手を抜くことに対しての罪悪感を手放そう

まずはじめに、仕事の手を抜くことに対しての罪悪感を手放しましょう。

「手を抜く」と聞くと、悪いことをするような感覚になりがちですが……時間をかければいいってものでもないですよ!

“時間をかければかけるほどいい”と思い続けて仕事に取り組めば、いつか体も心もパンクしてしまうかもしれません……。

これからご紹介する仕事の上手な手の抜き方のヒントを知って、時間をかけずに仕事力アップにつなげたほうが効率的なのでは?♪

「仕事の上手な手の抜き方」のヒント①1ヶ月くらい先まで見て予定を立てる

上手な仕事の手を抜き方1つ目は、1ヶ月くらい先まで見て予定を立てられるようになることです。

1ヶ月くらい先まで見て予定を立てると、手を抜かざるを得ないことに気づきませんか?

仕事は、今日と明日だけではなく長期戦です。
月の前半に一切手を抜かず、飛ばしすぎたとしたら、後半にかけて気力がなくなってしまいそう……。

毎月の初めに、仕事と向き合うのが苦にならないような正しいペース配分を考えるのを習慣化するといいかもしれませんね!

「仕事の上手な手の抜き方」のヒント②よくやる作業のやり方や順番を決めておく

上手な仕事の手を抜き方2つ目は、ルーティンの作業のやり方や順番を決めてしまうことです。

ルーティンの作業があるなら、やり方や順番を決めておき、毎回いちいち作業の進め方を考えなくていいようにしておくと◎

他にも、ビジネスメールを送るときによく使う挨拶文を登録しておくと、メールの作成がスムーズに進みますね!

時短できるものをたくさん見つけられれば、上手な手の抜き方が身についていきそうです♪

「仕事の上手な手の抜き方」のヒント③人に見せなくていいものに気づく

上手な仕事の手を抜き方3つ目は、「人に見せるもの」と「見せなくていいもの」を分けることです。

たとえば、資料は上司や取引先の人に見せるために作成しますが、メモは自分が見るために書きますね。

上司や取引先の人に見せる資料は、手を抜けませんが、自分だけが見るメモは、手抜きで全く問題なし!

雑に書きすぎてメモが読めないとなると、余計な手間が生まれてしまいますが……メモ書きは、丁寧さを求めずスピード重視が正解ですよ!

「仕事の上手な手の抜き方」のヒント④何を重視すべきか考える

上手な仕事の手を抜き方4つ目は、作業に取り組む前に「なにを重視すべきか」考えることです。

たとえば、仕事を任されたとき「この仕事は仕上がりの完璧さを重視?それとも、早さを重視すべき?」と考えながら、相手の話を聞いてください。

上司や仕事仲間の話に、優先順位が隠れていると思いますよ。
優先順位に気づけば、自動的に手を抜いていいものもわかりますね。

先ほど触れたようにメモ書きはスピードを重視するのが正解ですが、作業ひとつひとつ正解が違います。

丁寧かつスピーディーが1番理想的ですが……優先順位を知った上でそれを心がけたほうが、求められた仕事ができるのではないでしょうか♪
「仕事の上手な手の抜き方」を探してみました。
上手に手を抜ければ、周りからの評価が高くなるかもしれませんよ。
むやみやたらに頑張るのはもうやめて、今日から手抜き力を鍛えてください♪

【関連記事】結婚後も活かされる!?仕事力が高い人こそ主婦力が高いって本当?

♡4MEEE magazine Vol.2 p.80〜 「最幸の結婚、その先に。」仕事をバリバリと頑張るアラサー女...

手の抜き方 上手 仕事

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる