ガーリー派でも履ける!Dr.Martensのコーディネート術

FASHION

ドイツ発祥の有名ブーツブランド「Dr.Martens(ドクターマーチン)」は、男女共に世界中から愛されていますよね。
しかし、ロックでクールになりがちだから普段のコーデに合わせづらそう……なんて思いませんか?
今回は、Dr.Martensをロックすぎずに履きこなすポイントを紹介します♪

Dr.Martensのブーツコーデ① 重すぎはイヤ!差し色を利用してみよう

引用:wear.jp

黒やボルドー、ブラウンなどの深い色合いのアイテムは多いDr.Martens(ドクターマーチン)。
コーデが重くなりがちですが、差し色を入れれば一気に明るくなります!

冬使用であれば、マスタードやグレーなどのタイツを合わせてみると良いかもしれませんね。
差し色はスキニーパンツやタイツと合わせるのがおすすめ。

流行のガウチョパンツやスカートを派手な色にしてしまうと、下半身が協調されすぎたコーデとなってしまうので注意!

Dr.Martensのブーツコーデ② 意外と相性が良い花柄×Dr.Marten

引用:wear.jp

Dr.Martens(ドクターマーチン)のブーツは、実は花柄と相性が良いのです♡
花柄のワンピと合わせれば、あっという間にカジュアルガーリーなスタイルに。

ブーツの色は、ボルドーなどを合わせれば、全体がより柔らかくなるかもしれませんね。
冬場は上からトレンチコートやロングワンピを合わせてみましょう。

いつものヒールのパンプスから、Dr.Martensにチェンジしてみてはいかがでしょうか?

Dr.Martensのブーツコーデ③ シンプルイズベスト☆靴メインのコーデに

引用:wear.jp

De.Martens(ドクターマーチン)のブーツって、シルエットが大きくてゴツゴツした印象を与えてしまいますよね。
その上服も派手にしてしまったら、コーデにまとまりが出なくなっちゃう!

そんな時は、スキニーや無地などの、シンプルを極めたコーデと合わせてみましょう。
写真のように、色まで合わせてしまえば間違いないですね。

足元のシルエットを大きくすることで、足首周りがほっそり見える効果も♡
体型を気にしている方も、思い切ってスタイリッシュにまとめてみて☆

Dr.Martensのブーツコーデ④ フェミニン好きのあなたには、ニットワンピがおすすめ♡

引用:wear.jp

カジュアル、クール、ロックなどの印象が強いDr.Martens(ドクターマーチン)。
フェミニンやガーリーなテイストが好きだから、合わせづらいかな……と思ったあなた、そんなことありませんよ!

写真のようなニットワンピと合わせてみれば、甘辛ミックスコーデの完成♡
ワンピースやショート丈のスカートと合わせてみても、意外としっくり来ます♪

Dr.Martensからは、白のブーツも販売されているので、そちらのほうがガーリーコーデには合わせやすいかもしれませんね!
ボーイズライクなだけじゃないDr.Martens、可能性が広がるばかりです☆

いかがでしたか?
かっこよくなりがちなDr.Martens(ドクターマーチン)ですが、工夫次第でいつものコーデに馴染ませることができそうですね!
この冬もう一足くらい欲しいな~と思っていたら、是非Dr.Martensのブーツを♪