シワなし美人を目指しましょ♡きれいにできるアイロンがけのコツ

LIFESTYLE

薄手の生地の服が多くなる春夏シーズン。
オフィスでのシャツスタイルはもちろんのこと、デートや友達とのお出かけ時などに着る服にシワが入っていたら、それだけでだらしない印象が……。
そこで今回は、シワを取り除くアイロンがけのコツをご紹介します。

川島ゆい
川島ゆい
2017.05.24

コツさえ掴めばアイロンがけは簡単♪

干しただけの洋服は、なんだか型が崩れて着ても形が決まらないことが多いもの。
特にシャツなどは襟や袖部分がしっかりと整形されず、だらしない雰囲気になってしまうこともありますよね。

とはいえ、「アイロンがけは面倒」とアイロンがけを省いてしまうと、シワの入った服を着ることになり、周囲にだらしない印象を与えてしまいかねません。

そこで今回は、面倒なアイロンがけのコツをご紹介します♪

アイロンがけのコツ服の素材に合わせて温度設定

アイロンがけをするときには、洋服の素材に合わせた温度設定をきちんとすることが大切です。
これを忘れると、お気に入りの服がダメになってしまうことも!

綿や麻は高温でもOKですが、ウールやシルク・レーヨン・ナイロンなどは中温がベスト。
また、アクリルやポリエステル素材は、低温にしないと生地が傷んでしまいます。

夏シーズンは低温が推奨される素材の服も多いので、注意しましょう。

アイロンがけのコツ洋服をきちんと広げる

キレイにアイロンをかけるには、アイロン台に服を乗せる前の一手間が肝心です。

両手で洋服を軽く広げて、大きなシワをとりましょう。
シワが寄った状態でアイロンをかければ、シワが取れなくなってしまいます。

アイロンがけのコツまずは衿など細かいところから

シャツなどをアイロンがけをするときには、襟や袖、ギャザー部分など細かいところからかけるとうまくいきやすいです。

広い面積は最後にさっと仕上げるくらいの感覚で、細かいところを丁寧にアイロンがけしていきましょう。

また、アイロンの動かし方はカーブを描かないよう、直線的に動かすのがキレイにかけるコツです。
片手にアイロン、反対の手でシワを伸ばしながらというように、両手を使うといいですよ♪

また、きちんとアイロン台を使うことも、キレイにかけるためには必須!
道具をケチらないようにしましょうね。

アイロンがけのコツスチームの使い方

適度に生地を湿らせながらかけられるスチーム機能は便利な反面、素材や服のタイプによっては向いていないことも……。

特にシャツなどは、スチーム機能を使うより、霧吹きで湿らせた方が満遍なく水分がいきわたるのでおすすめです。
また、シルクの服はスチーム機能を使うのではなく少し湿った状態からアイロンがけすると、キレイに仕上がります。

スチームアイロンに向いているのは、プリーツスカートやウールのセーター、薄手の綿製品などです。

ちょっとした心がけで仕上がりが変わってくるアイロンがけ。
アイロンがけは苦手という人もいるかもしれませんが、コツを掴んで慣れてくればそれほど苦痛を感じなくなるかも!
まずは基本のアイロンがけのコツをおさえて、毎日キレイな洋服を着られるように心がけて!
シワとは無縁のきちんとした服を着こなしていれば、仕事も恋もうまくいくようになるかもしれません♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。