マスクでニキビを隠すのは悪循環?肌荒れの原因と正しい使い方

花粉症や風邪予防、すっぴん隠しなどには欠かせないマスク。
そんなマスクが厄介なニキビを生み出す原因になっているかもしれないということをご存知でしょうか?
そこで今回は、マスクによる肌荒れの原因と正しい使い方をご紹介したいと思います♪

マスクによる肌荒れの原因① 素材

一般的なマスクは、大きく分けてガーゼマスクと不織布マスクの2つに分類することができるんです。

小学校の時に給食当番が使っていたのが、ガーゼマスクです。

一方、使い捨てマスクは不織布マスクにあたります。しかし肌荒れを起こしやすいマスクは、使い捨ての不織布マスクなんです!

不織布マスクはガーゼマスクに比べて、肌への負担が大きくなってしまうんだとか!
今までニキビができても、気にせずに不織布マスクを使っていたという人は、マスクの素材がニキビの原因になっている可能性もあるかもしれませんよ。

マスクによる肌荒れの原因② 蒸れ

マスクの中って蒸れやすい環境が作られていますよね。

喉の乾燥を防ぐためには効果的かもしれませんが、肌には負担になってしまうことがあるんです!

蒸れたマスクの中は、菌がどんどん繁殖しやすくなってしまうといわれています。

よく「ニキビができたからマスクで隠している」なんて人がいますが、マスクをするとニキビが成長してしまうこともあるので注意が必要ですよ!

マスクによる肌荒れの原因③ 摩擦

マスクのせいでニキビができてしまう原因は、他にもあるんです。
それは、マスクによる摩擦です!

マスクをしていれば、ガーゼや不織布が必ず肌に当たりますよね?当たった部分がこすれてしまうと、肌が荒れる原因になってしまうんだとか。

また、マスクの紐の部分がすれることによって、ニキビができてしまう人もいるようですよ!

マスクによる肌荒れの原因④ 抗菌剤

数あるマスク商品のなかには、抗菌剤が含まれているものもあるんです。

抗菌剤が含まれるマスクは、細菌の繁殖を抑えてくれたり殺菌してくれたりといった効果があります。しかし、この抗菌剤が合わない人もいるんです。

抗菌剤の含まれたマスクを使用して違和感を感じたら、すぐに使用をやめることが大切ですよ!

正しいマスクの使い方① 使い捨てマスクをこまめに交換する

使い捨てのマスクなのにも関わらず、繰り返して使用する人がたまにいますが、これは絶対にNG。

マスクに付着した細菌をまた肌につけてしまえば、ニキビができやすくなってしまうのは当然ですよね。

使い捨てマスクは、こまめに交換することが大切ですよ♪

正しいマスクの使い方② 保湿をしてからつける

摩擦による肌荒れを軽減するためには、日頃からきちんと保湿をしておくことが大切!

そうすることで、乾燥した肌が受ける摩擦を最小限に抑えることができますよ!

一見マスクとは無関係な対策なのでは?と思うかもしれませんが、きちんと保湿を行うことはとっても大切です♡

正しいマスクの使い方③ ガーゼマスクをチョイス

不織布マスクがどうしても肌に合わないようなら、ガーゼマスクに変えてしまいましょう。

ガーゼマスクがちょっと恥ずかしい、という人は不織布マスクの中に一枚ガーゼを挟むだけでも効果的ですよ♪

正しいマスクの使い方④ サイズの合ったマスクを使う

自分の顔に合っていないマスクをチョイスしてしまうと、肌荒れの原因に。顔の下半分を覆ってくれるジャストサイズを選んでみてください♪

サイズが大きすぎると、摩擦が起こりやすくなってしまったり、マスク本来の機能を果たせなかったりします。横を向いて、隙間ができていないか鏡で確認してみてくださいね!
いかがでしたか?
マスクって肌に良いものだと思っている人もいますが、使い方次第では肌荒れの原因になってしまうんです。
これを機にマスクの使い方をぜひ見直してみてくださいね♪

【関連記事】機能と見た目どっちを優先させる?冬に欠かせないおすすめマスク9選

花粉対策はもちろん、風邪予防として欠かせないマスク。機能性や見た目を重視して、選んでい...

マスク 肌荒れ 原因 ニキビ 使い方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

ゆり

女子大生サークルL'Allure

>もっとみる