ニキビで悩むすべての人へ★ニキビを治すための4つの方法

BEAUTY

"どうしてこんなにニキビができるの?"そのストレスでまたニキビが出来て、気づけばいくつも。。
なんてあなたにぜひ実践してほしい!ニキビを治すための4つの方法をご紹介します。

ニキビを治す方法① 何より"洗顔"!

丁寧にお顔を洗うこと、いつも心がけてますか?
忙しくても、必ずゆっくりクレンジングをして、そしてダブル洗顔が必要。

ここで注意して欲しいのが、クレンジング時にごしごし洗いすぎて、ニキビを刺激しないようにすること。ニキビが悪化してしまったり、ニキビ跡ができる原因になってしまいます。
必ずふわふわの泡またはクリームで、優しくマッサージするように洗顔して。

ちなみに、ニキビは乾燥から出来ることも多いので、オイルクレンジングよりクリームクレンジングがオススメ。
ウォータータイプのクレンジングは、肌をこする事にもなるので、あまりオススメしません。

ニキビを治す方法② スキンケアは"保湿"が命!

乾燥からくるニキビはとっても厄介。
肌質から変えなくてはなりません。

べとべとする使用感のスキンケアをつけるのはニキビに悪そう…と、サラッとしたものばかりを選んでいませんか?お肌が乾燥すると、ニキビだけでなく小じわも目立ってきます。

化粧水、乳液、美容液、クリーム…と、しっかり肌に与えてあげて。
また、どのスキンケアも合わなくて困ったときは、皮膚科や美容整形外科医で処方されたものをライン使いするのもおすすめ。お医者さんの言うことなら安心ですよね。

ニキビを治す方法③ ビタミンC,B♪

出典:item.rakuten.co.jp

美肌に欠かさないビタミンCとビタミンB。
皮膚科でも処方してもらえるビタミンは、ニキビを治すにも欠かせないもの。

もちろん、普段の生活でお野菜やフルーツをしっかり摂れていれば問題ないものの、それでもやっぱり限界はありますよね。

つい外食ばかりになってしまう忙しい女性は、市販のチョコラBBやキレートレモンを取り入れると良いそうです。
コーヒーを何杯も飲む代わりに、ビタミンが摂取できるドリンクにするのも良いかも。

ニキビを治す方法④ たまにはプロの手を借りて

ピーリング、イオン導入後、レーザー治療など、美容整形外科医ではありとあらゆる対処法がありますが、なかなか手を出しにくいもの。

しかし、自分の力だけではどうにもならないときは、プロに頼るのも手段の一つだと思います。
ニキビはニキビ跡になってしまうと、数年その跡は消えません。

たとえニキビが完全に治っても、ニキビ跡があると、スッピン美人とは言えないでしょう。
実際、わたしはニキビ跡が消えるまでに5年以上かかっています。

レーザー治療や、時にはピーリングやイオン導入をして、お肌を整えてあげると良いと思います。また、フラッシュ脱毛も毛詰まりによるニキビが出来るのを抑えるので、一つの手だと思いますよ。

ニキビがあると、ニキビができたストレスで、またニキビが出来たりしますよね。私もずっとニキビで悩んでいました。
悪循環から抜け出すべく、自分にできること、頼るべきところをしっかり見極めたいですね!

2014.10.29 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。