もっとデカ目になりたい!二重幅をさらに広げる整形手術って?

「二重は二重なんだけれど……やっぱりもう少し幅広二重になりたい!」実はこんな悩みを持っている方が意外と多かったりするんです。
そんな悩める女子へ♡今回は、二重幅を広げる整形についてご紹介します♪

この記事の監修

品川スキンクリニック 表参道院 院長 Dr. 石橋 正太

もう少し幅の広い二重に……プチ整形って実際どうなの?

「一応二重だけれど、本当はもっと幅の広いきれいな二重になりたい!」そう思ってアイプチやアイテープで頑張っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、毎日アイプチやアイテープをして二重幅を広げてからメイクを施すのは時間がかかってしまいますよね。

中には「メイクのことが気になって、プールや温泉にも行けない」という方もいるようです。さらに、肌が弱い女性はこれらが原因でまぶたが荒れてしまう事も……。

そんな中、最近では「悩む時間ももったいない!」と思う女性も多く、思い切って二重幅を広げる整形に踏み切る方が増えています。

整形でパッチリ二重になって、時間がかかるメイクから開放されれば、毎日が今よりも少しだけ楽しくなるかもしれませんよ。

二重幅を広げる整形は、「埋没法」がおすすめ!

二重幅を広げたい時にすすめられる整形は、主に埋没法です。

メスで切るわけではないので時間もあまりかかりませんし、切開法と比べて腫れも少ないのでおすすめです。
料金も切開をする二重整形などに比べれば安いので、学生さんにも嬉しいですよね。

「でも、二重幅を広げると前の二重線にプラスされて、変な二重になってしまわないの?」と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。
実は、元々二重だった方なら二重幅を広げる整形をしても元のラインが出ないことの方が多いのだとか。

「できれば彼や友達にバレないように整形してしまいたい……」なんていう方にも頼もしい手術法ですよね。

ただし、もともとまぶたのたるみが著しい場合や、新たに希望する二重の幅が広めの場合には、埋没法では三重や四重になったり、新たに作った二重のラインの前に、たるんだ皮膚がかぶさってくる場合もあります。そのような状況が予想される際には、切開法を選んだ方が良いかもしれません。

二重まぶたの手術ってバレる?整形手術後はどれくらい腫れるの?

最近の埋没法では、腫れにくくダウンタイムが少ないものもあります。
腫れがほとんどなく、早くて翌日にはメイクOKなんて病院もあるほど……!

これなら、仕事や学校があって長期間の休みが取れないという方でも二重幅を広げる整形に挑戦できそうですよね。

また、昔よりも細い針を使用したり、笑気麻酔(しょうきますい)というもので痛みが緩和されることもあるそう。

いつ取れてしまうかわからないアイテープやアイプチなどを使って二重幅を広げることを考えたら、二重整形を考えてみてもいいですよね。

二重幅を広げる整形は本当にやる必要があるのか……?

二重幅が狭かったり左右の幅が違う事で悩んでいるという方は、二重幅を広げる整形を考えるのもひとつの手ですが、ご自身の生活から見直してみるのもいいかもしれません。

目にも、手や足のように利き目があるそうです。
利き目の方が顔の表情筋が鍛えられて目が大きく見え、反対に利き目ではないほうは二重の幅が小さく見えることもあるそうですよ。

他にも食事をする時に同じ方でばかり噛んでいると顔のゆがみの原因になります。
頬杖をついたり、うつ伏せで寝ていたりするのもあまり良くありません。

マッサージをして目の周りにある浮腫みをとることで、二重幅が広がることもありますよ。

また、二重幅を広げる整形は、腫れたり内出血を起こしてしまうことがあります。
埋没法は切開法などと違って、取れてしまうことがあるのも事実です。

むやみに二重整形手術を決める前に、保障制度などもしっかり把握してから受けましょう。
いくつになっても女性はきれいでいたいと思うものです。
もし二重幅が狭いと悩んでいて、メイクやマッサージで変われるのならそれでもいいと思います。
ですが長年悩み続けているのなら、思い切って二重幅を広げる整形をするという手もありますよ。
それで人生が明るくなるなら、そういった選択肢をしても良いのではないでしょうか。
あなたの毎日が、少しでも楽しいものになりますように♪

【関連記事】腫れや後遺症は?奥二重→ぱっちり二重の整形手術のアフターケア

奥二重で目元の印象がはっきりしない、お化粧しても隠れちゃうという悩みを持っている奥二重...

二重幅 広げる 整形 二重 整形手術 二重整形 手術 デカ目

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

柏木麻衣子

はじめまして! 美容と健康に力を入れています! 趣味はショッピングで、コスメショップ巡りなんかが大…

>もっとみる