これでもう苦しまない♡秋のお悩み「ブタクサ花粉症」の対策法

LIFESTYLE

秋の花粉症にお悩みの方はいませんか?
それはおそらく「ブタクサ花粉」が原因だと思われます。
ここでは、2016年の飛散予測&対策法も含め、詳しくご説明します。

秋のお悩みを対策!「ブタクサ花粉症」ってなに?

ブタクサとはキク科の一年草で、全国の道端や河原などに生えています。
夏から秋にかけて、緑色の小頭花を穂状にたくさんつけます。

飛散時期は8〜10月。
ブタクサ花粉症は、日本ではスギ、ヒノキに次いで患者数が多い花粉症なんです!

秋のお悩みを対策!スギ花粉と「ブタクサ花粉」の違いって?

引用:www.thespruce.com

春のスギ花粉は、花粉の粒子が大きいので鼻粘膜に留まりやすいです。
よって代表的な症状は、鼻水やくしゃみです。

一方ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいので、気管に入ってしまうおそれがあるんです。
ぜんそくのような症状を引き起こす可能性があります。

春と秋、両方の季節に花粉症を発症された方は、「ブタクサ花粉の方が辛い」と言います……。

秋のお悩みを対策!果物アレルギーと「ブタクサ花粉症」の関係

果物アレルギーの多くは、実は花粉症と深い関係があるんです!

ブタクサ花粉の場合は、ブタクサ花粉と「メロン、スイカ、バナナ」の組み合わせがあります。

これらを食べたときに、口の周りや喉がかゆくなったのなら、病院へ行ってください。
最悪の場合、アナフィラキシーの引き金になることもあります……。

秋のお悩み!「ブタクサ花粉症」の対策法

引用:allergistlafayette.com

ブタクサは背が低い草花なので、飛散距離が短いのが特徴です。
よってブタクサに近づかないのが一番の対策法です♡

さらにマスクを着用する、うがいを習慣化するなど基本的な対策を強化してください。
帰宅時や洗濯物を取り込んだ際は、服をよく払い、花粉を落とすのもお忘れなく♪

帰宅した際は、顔を洗って顔についた花粉を洗い流すのが理想的です。

秋のお悩みを対策!2016年の「ブタクサ花粉」の飛散予測

引用:statebystategardening.com

2016年のブタクサ花粉の飛散予測では、全国的に花粉の生産量が平年と同じか、減少傾向にあると予想されています♡

東北の一部の地域では飛散量が多くなると予想されているので、先ほどご紹介したような対策をしっかりとってくださいね!

ブタクサ花粉症の症状は、風邪の引き始めの症状と似ているので、原因に気づきにくいもの。
ブタクサ花粉による症状がひどくなると、熱が出ることがあります!
対策方法を実践しても症状がひどくなってしまった場合は、病院へ行って薬を処方してもらってくださいね♡

ハチミツが効果絶大!花粉症を対策する意外な方法とは