キラキラ輝く30歳を迎えるために♡20代後半はどうやって過ごしたらいい?

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第90弾】

「30歳」という年齢は女性にとって1つの節目になるように思います。30歳までには〇〇をしたい!などの目標を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はキラキラ輝く30歳女になりたいけど何をしたらいいのかわからない!という女性のために「20代後半の過ごし方の提案」をまとめてみました!

①オンリーワンの仕事力を身につけておく

本気で仕事を追求してきた経験と、その経験により身につけたスキルがある人とない人の「差」は30歳にもなると歴然です。

25歳ぐらいまでは「若さ」や「可愛らしさ」が女性の魅力として目立ちますが、魅力的な30歳女を形成している土台にあるものは「仕事力」なんです!

どんな職業に就いていたとしても30歳になる頃までには「この人にお願いしたらきっちり仕上げてくれそうだな」「なにか楽しいことになりそうだな」などと相手に安心感とワクワク感を感じさせるぐらい、仕事のレベルを上げておくといいですね!もっと欲を言うのなら「あなたにしか頼める人がいない」「他の人じゃダメなんだ」と仕事した人に言わせるぐらいになっておくと、余裕がある状態で30歳を迎えられます。

仕事力が高い人たちの働き方を観察していると「神は細部に宿る」的に働いているのです。とにかく細かい。単純作業はもちろん他の人が面倒くさがるところまで手を抜かない。他の人と同じ仕事をしているのに「なぜか彼女だけは違うんだよなぁ」と唸らせるぐらいのものがありますよね!

②社外人脈を拡大しておく

目の前の仕事に取り組みつつも同時にしておいたほうがいいのは、社外人脈を拡大しておくことです。1つの場所に長くいると人間はどうしても井の中の蛙になってしまいがち。

仮に仕事がそこそこ出来たとして会社の中では「出来る人」で通っていたとしても会社から一歩外に飛び出してみたら出来るかどうかわからない....。というのでは、結構脆いのです。なるべく若いうちにどんな状況になったとしても出来る自分を作り上げておくと、30歳以降の選択がいい意味で変わってきます。

逆に1つの場所からずっと動かないで歳を重ねてしまうと固定化された生活しか出来なくなってしまうのは傾向としてありますよね。30歳以降に何でも出来る自由な人でいたかったら20代のうちに動きまくることがポイントです!

社外人脈を作ることによるメリットは

1.刺激的な友達が出来る
2.世界が広がる
3.転職や独立をしたい時に持っていた人脈が役立つ

などです。デメリットもそれなりには存在します。他人から僻まれる、妬まれる、否定されるなどです。しかし、他人から嫉妬されるのはキラキラ輝く人生を送る人にはセットでついてくるものです。早いうちに慣れて気にしない自分になったほうがハッピーです♡

③結婚・出産時期についてイメージしておく

「30歳までには結婚・出産したい!」という目標をお持ちの方もきっといらっしゃいますよね!結婚願望が強めの女性ならなるべく早く動き始めるのがおすすめです。なぜなら、今は結婚の必要性を男女共になかなか感じにくいからです。独身の大人が寂しさを感じずに生きられてしまうコンテンツが世の中に揃いすぎているのです。そのうえ、結婚・出産となると相手のタイミングと自分のタイミングが重ならないと成立しません。結婚時期が自分の予想より早まる想定よりも遅くなる想定をして動いておくほうが手堅いですね!

結婚の必要性を感じにくい時代ですから「何がなんでも結婚する!」ぐらいの強い意思を女性側が持っていることがまず大切です。その次に「どのオスの遺伝子で産みたいか」と考えながら男性と付き合うのも大切ですよね。

賢く生きたければ、20代後半は男関係を整理しながら人生を進めるといいでしょう。切るところは切って残すところは残す。新しい男性との出会いも同時に求めて自分が産みたい時に産む。コレが出来ていれば、困ることは無さそうです!

♡20代を全力でやり切ろう♡

「30歳になった時にどんな女性になっていたいのか?」とイメージを自分の頭に思い描いていれば、20代後半にやることは、自然とみえてくるでしょう。

「30歳」という年齢に向かって20代後半で追い込みをかけてゴールするつもりで日々を過ごすと達成感がありますよ!そして、もう二度と来ない20代を全力でやり切ると自分の人生に自信が持てるようにもなります!

20代後半の追い込みは少々大変ですが笑顔で30のゴールテープを切れた後がかなり楽しいのです。ですから、今が踏ん張りどころ。頑張りましょう〜(^ ^)

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!