「忙しい自分」にお別れ☆同じスケジュールでも余裕がある人になる!

LIFESTYLE

忙しくてバタバタ過ごす人。
同じようなスケジュールなのに、むしろあの人の方が忙しそうなのに……余裕がある人。
余裕がある人になりたいですよね。忙しい人と余裕がある人って何が違うんでしょう?

【忙しい人・余裕がある人の違い⑴】優先順位を付けている

まず、余裕がある人は優先順位がわかっています。

やる事がいっぱい、頭の中はゴチャゴチャ、目に付いたものから作業に取りかかっていませんか?
まずは、一度冷静に優先順位を考えてみましょう。
今やるべきこと、今じゃなくてもいいこと……など、整理してみて下さい。

早く終わらせることを意識する事も時として大切。
ですが適当に早く終わらせてしまう人は、優先順位を付けると、その癖も改善されるかもしれません☆

【忙しい人・余裕がある人の違い⑵】休憩を取っている

「やることが終わらない!」と長時間作業していると、ミスや判断能力が低下しませんか?
可能であれば、休憩を取りましょう。

忙しそうだけど余裕がある人は、休息をきちんと取っている印象があります。

休み無く過ごすより、休みの日は友達とおしゃべりしたり、ショッピングを楽しんだり。
頑張るためには、休憩を取ることも大切です☆

【忙しい人・余裕がある人の違い⑶】視野を狭めることがない

忙しい時って、とにかく視野が狭くなりますよね。

今やるべきことで頭がいっぱい。いっぱいいっぱいで周りに当たってしまった、なんて経験はありませんか?
もちろん、没頭したり目の前のことに精一杯取り組むのは素敵なこと。
ただ余裕が欲しいのなら、視野を狭め過ぎないで!

周りの人を見る心の余裕は、日頃からの積み重ねだと思います。
視野は広くを心掛けましょう☆

【忙しい人・余裕がある人の違い⑷】スキマ時間を活用している

電車など移動時間、待ち合わせで待っている時。
睡眠を取ったり、ボーッとしたり……それで体が休まるなら、それはスキマ時間を上手く活用していると思います☆

むやみにスマホをいじったり、なんて人は、その時間を有効に使ってみませんか?

「本を読みたいけど時間がない!」なんて人はスキマ時間を活用!
スキマ時間を有効に使うと、時間にも余裕ができます♪

忙しい人・余裕がある人の違いをご紹介しました。
余裕を持ちつつ、毎日が充実するのが理想的ですよね。
上のようなことを参考に、生活スタイルを見直してみて下さい☆