その食べ方、効果を半減しているかも?美容食材の正しい取扱説明書

美容に良いから♪と思って、美容効果が期待できる食材を意識的に取り入れている人も多いのではないでしょうか?

食事美容は食べるだけの楽々美容法。しかし、食べ方によっては美容効果が半減してしまったり、損なわれてしまうことさえあるのです。そんな美容食材の効果的な取り入れ方をご紹介します♡

美容食材の正しい取扱説明書①ビタミンCを垂れ流してるかも?!いちご

いちごの美容効果といえば、真っ先に思い浮かべるのが豊富なビタミンCではないでしょうか。ビタミンCはお肌のハリツヤには欠かせない成分のひとつです、ちゃんと体に取り込みたいですよね。

そんな美容に欠かせないと言っても過言ではないビタミンCは、水に溶けやすいことが特徴です。

いちごを食べる際にヘタを取ってから洗って食べる人も多いですが、これはおすすめ出来ません。ヘタを取ったところから、ビタミンCが流れ出てしまい、せっかくの美肌栄養素を取ることが出来なくなってしまうのです。

いちごをいただく時には、ヘタをつけたまま洗うことがポイントです♡

美容食材の正しい取扱説明書②朝食べは逆効果?!柑橘類類

オレンジやレモン、朝の定番フルーツであり、ビタミンやミネラルも豊富で美容効果もしっかり期待できる柑橘系フルーツ。もちろん、美肌に効果的な成分もたくさん含まれているのですが、同時に光毒性という性質もあるのが柑橘類の特徴です。

光毒性とは、皮膚や目が紫外線の光に敏感になってしまう作用のこと。つまり、柑橘系フルーツを食べた後は紫外線吸収率が上がってしまう可能性があるのです。

なので、外出する日の朝に柑橘類を食べるのは控えた方がベター。夕方以降の日が暮れてきた時間帯にいただくのがおすすめです!

美容食材の正しい取扱説明書③もしかしてビタミンCを壊していた?!にんじん

にんじんといえば、代表的な栄養素はβカロテンですよね。βカロテンは免疫力をあげてくれたり、美肌効果も期待できる成分。そんなβカロテンは脂溶性のため、生で食べるよりも、油で調理していただいた方が吸収率が上がります。

また、にんじんは生のままビタミンCを含む野菜と一緒にいただくと、他の野菜のビタミンCを壊してしまうと言われています。

生野菜のサラダは体に良いイメージがありますが、にんじんは炒め物でいただくほうが断然おすすめです。

美容食材の正しい取扱説明書④無塩加が美を作る。ナッツ

「美容に良いらしい」と目にすることが増えたナッツは、塩気がある塩加ナッツや甘みのある糖加ナッツも多く売られていますが、無塩無糖のナッツが美容にはぴったり。

ナッツは体に良いといえど、塩分の摂り過ぎはむくみに繋がるし、糖分の摂り過ぎは肌荒れにも影響を与えます。

また、酵素やビタミン豊富なナッツはローストしていない生ナッツもおすすめ。ただし、生ナッツもそのままいただくとお腹を壊す危険性があります。

生ナッツは水に浸してから食べるのが鉄則。一晩(少なくとも数時間)水に浸して、再度乾燥してからいただきましょう。

美容食材の正しい取扱説明書⑤加熱すると効果半減?!はちみつ

ビタミンやミネラル豊富なはちみつは、純粋な生はちみつを食べるのが美容におすすめ。はちみつに含まれる酵素やビタミンは熱に弱いものも多く、加熱することでその効果が損なわれてしまうのです。

加熱処理されているはちみつの中には、砂糖が添加されていたりする場合もあり、純粋なはちみつに比べると美容効果は半減。

はちみつを選ぶ時は、非加熱の純粋はちみつではちみつの持つ美容効果をそのままそっくり取り入れちゃいましょう♡
美容に良い食材、せっかくならめいいっぱい美容効果を感じたいですよね。
食べ方を工夫して、食事美容を普段から取り入れてみてくださいね♡

効果 美容食材 説明書

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岩間 あゆみ

Writer / Planner / Instructor
HP:http://ayumiiwama.com/

>もっとみる