集中力のヒミツ♡仕事や勉強中に役立つ周りをシャットアウトする方法

LIFESTYLE

仕事や勉強中に、周囲の声や空気をシャットアウト(閉め出すこと)したくなるときってありますよね。
今回は、仕事や勉強中に役立つ周りをシャットアウトする方法についてご紹介します!

仕事中に周りをシャットアウトする方法:自分に言い聞かせる

まずはじめに、仕事や勉強中に周囲の声や空気感が気になったら、「シャットアウトしよう」と自分に言い聞かせてみてください。

特に方法を探さなくても、自分に言い聞かせるだけでシャットアウトできる人は、意外と多いもの。

「仕事中は無理だけど、カフェで本を読むときくらいならシャットアウトできる」という人もいるので、いろいろなシーンで試してみてくださいね♪

仕事中に周りをシャットアウトする方法:他人に対する罪悪感を手放す

仮に「同僚が忙しそう」「集中力がない友達と一緒に資格の勉強をしている」としましょう。

思いやりが強い人は、忙しそうな同僚や集中できない友達を気にかけそうですよね。
しかし他人のことを気にかけすぎると、いつまで経っても、周りをシャットアウトする方法を身につけられません……。

他人を無視できないのが思いやりが強い人ですが、本当に困っていたら、同僚や友達はあなたに声をかけます。

思いやりが強い人は、ちょっとしたことで他人に対する罪悪感を生まないように、日頃から気をつけてみましょう。
少し他人に無関心になるくらいの方が、生活しやすくなります♪

仕事中に周りをシャットアウトする方法:今必要のない情報を見つける

今必要のない情報をシャットアウトすると、仕事や勉強に集中できますよね。

職種にもよりますが緊急の場合は、電話がかかってくることが多いので、集中したいときは、メールの通知をオフにしてもいいのでは?

またスキルアップのための勉強をしたい休日は、スマホの電源を切ってみましょう!
どこをシャットアウトするのか見つけられるようになると、仕事力や勉強力が大きくアップしますよ♪

仕事中に周りをシャットアウトする方法:気が散りそうな場所で練習

いきなり職場の人の声や空気感をシャットアウトするのは難しいと思うので、プレッシャーを感じにくい場所で慣らしていきましょう。

おすすめの場所は、おばちゃんが集うカフェ!
おばちゃん特有の話し方、愛情たっぷりな旦那さんの愚痴混じりの面白い話が聞けるかもしれません♪

おばちゃんの話をつい盗み聞きしたくなるので、周囲の声や空気をシャットアウトできるようになるための、練習にピッタリなのです。

最初は気づくと、作業や勉強よりおばちゃんの話を聞くのに夢中になっているかもしれませんが、根気よく続ければ、上手にシャットアウトする方法が身につくはずです。

仕事中に周りをシャットアウトする方法:完璧にシャットアウトしない

周りの声や空気感をシャットアウトする1番のコツは、“完璧にシャットアウトしようとしないこと”です。

声が聞こえ、人のいる気配がする場で、自分しかいないような空間をつくるのは、不可能に近いですよね……。
「周囲の人の話を聞き流せる」「その場に10人いるのなら、3人くらいの気配しか感じないようになる」くらいになれば、上手にシャットアウトしている証。

また周りの空気感を少し変える工夫をすると、集中しやすい環境がつくれるかもしれません。
人の声がするカフェで勉強するとき用の、BGMを用意しておくのもいいですね♪

個人的には、ゆったりした曲調だと眠くなるおそれがあるので、速すぎず遅すぎないインストゥルメンタルがおすすめです!
個人差があると思うので、いろいろな音楽を試してくださいね♡

仕事や勉強中に役立つ周りをシャットアウトする方法は見つかりましたか?
根気よく練習すれば、徐々にシャットアウトできるようになるので、すぐに諦めないでくださいね!