冷静に。穏やかに。彼と大ゲンカした時の対処法って……?

LOVE

些細なことをきっかけに大ゲンカにまでなってしまうのがカップルというものです。
どんな理由だろうと喧嘩がこじれてしまうという方も多いはず……。
そんなときに使える仲直りの方法を教えちゃいます!

彼と大ゲンカしたときに使える対処法:放っておく

喧嘩した時は大抵の女子が放っておくという対処法を取るのですが、放っておきかた次第では長引いてもしまうこともあるんです。

「放っておく」というのは限りなく無視に近いので、喧嘩している内容意外のことでさりげなく話しかけるのもNGですし、ましてや側にいるのもよくありません。

喧嘩をして頭をお互い冷やすことも考えてその場からいなくなるのが正解。その日のうちに機嫌が治らなければ1日、2日置いてもいいしょう。

とにかく相手からのアクションを待つのです!

彼と大ゲンカしたときに使える対処法とは:必要以上に謝らない

自分にも非がある喧嘩が思ったよりもヒートアップしてしまったときって、どんなに謝っても意味がないんです。

むしろ謝りすぎてしまうことによって彼は“自分は悪くない、イヤなことをされた”という暗示にかかるのでなおさら怒りがこみ上げてしまうんです。

なのでとにかく「ごめんね」と平謝りはせずに、「○○の時は私が悪かったね」とポイント謝罪で気持ちを伝えましょう!

彼と大ゲンカしたときに使える対処法:スキンシップをとる

どんなに大ゲンカをしてもカップルであることは変わらないので、スキンシップをとって彼の怒りを抑えるのも効果的な方法です。

急に抱きつくなど分かりやすいのは返って感情を逆なでしてしまうのですが「話し合おう?」と語りかけながら手に振れ、徐々に腕や内太ももに優しく触れるのもおすすめです。

怒りの感情でこわばっていた体に触れることで、緩和されるそう。許して欲しい時、あと一歩で機嫌が直りそうな時など畳み掛けに使ってみてはいかがでしょうか?

彼と大ゲンカしたときに使える対処法:自分も怒ってみる

女性というのは感情的な生き物なのですが、男性よりもどこか大人で落ち着いている部分がありますよね。

そのため、喧嘩中は意外と冷静だったりするので“仲直りをしなくちゃ”“機嫌をとらないと”など考えてしまいがちなんです。
しかし、あえてそれをやめて自分も感情のまま彼に怒ってみることで男性は萎縮してしまうことがあるんです。

またそうなることによって、彼から歩み寄ってくれたりと立場が変わる場合があるのでこの作戦は秘密兵器として準備しておくのがおすすめです♪

喧嘩はなるべく避けたいものですが、してしまったらあとは対策方法を考えるのみです。
彼とより仲良くなるために賢い仲直り方法をマスターしておきましょう♡