1人カフェだって怖くない♡「声が小さい」女子のための克服ガイド

LIFESTYLE

突然ですがあなたは、話し声が大きい方ですか?それとも小さい方ですか?
声が小さいのは「恥ずかしがり屋さん」「控えめ」という可愛らしい印象もありますが、話しかけてもなかなか気づいてもらえなかったり、ビジネスでは自信がないように見られたりと損をするリスクも……。
今回は、声が小さくて悩んでいる方へ、克服する改善法をご紹介します。

声が小さいことはデメリット!?

声が小さいことをコンプレックスと感じていませんか?
声が小さいと損をしているかもしれません。

・自信がないように見える
・何を言っているかわかってもらえない
・聞き取るのが大変で疲れると言われる
・聞き間違いから誤解が発生する
・何回も聞き返すので面倒くさがられる

話す相手にこんな風に思われたという人も多いのだとか。
これでは、せっかくいいことを話していても、なんだかもったいなくて残念ですよね。
ちょっとした工夫や努力で声量がアップするなら、今後損しないためにも直したいところ。

次からは、声が小さい人の改善法をご紹介します♡

声が小さい女子の改善法1:大きく息を吸い込む

声が小さい方は、意外と呼吸が浅いのかも?

普段から、深呼吸をしっかりすることができていれば、スムーズに声が出しやすいですよ♪

例えば、ヨガのインストラクターが明るく大きな声でハキハキ話せているのは、ヨガの練習をして自然と普段から深い呼吸をする習慣が付いているからかも知れませんね♡

声が小さい女子の改善法2:相手に伝えようと意識する

自分の声はもちろん、相手に内容がきちんと伝わるように意識をして話すようにしてみましょう!

話すときの声量だけではなく、相手に自分の気持ちを効果的に届けるには、テクニックを身に付けることが近道になりますよ。

例えば、重要なワードを使う時には相手の目をジッと見ること。
声だけではなく、目からも訴えかけることでインパクトがあります!

本やネットで勉強して、いろんな方法を試してみましょう。
意識して会話をするだけで、人を引き付ける力もグンとアップするはずです♡

声が小さい女子の改善法3:音読の練習をする

誰にでも苦手なことはありますが、苦手を克服するためには特訓をすればいいのです♪

中には声が小さかったり活舌が悪いことにコンプレックスを持っていたけれど、ボイトレに通ってアナウンサーになったという人もいます!

家で音読をしてみたり、話すことが得意な友達に相談してアドバイスをもらったり、まずは今より大きな声で話せるようになることを目標に行動してみましょう。

自分の努力次第で、未来はいくらでも変えることができますよ♡

声が小さい人のデメリットと改善方法をご紹介しました!
今すぐ意識を変えてみることで、今後の人生を大きく左右するかもしれませんね♪
声が大きいことに関してはメリットがたくさんなので、あなたも声量をアップさせてみましょう♡