太眉とカラーレスメイクが鍵!ハンサムメイクで新しい自分を発見

甘いだけのメイクはもう飽きた!
今時のオシャレなオトナ女子は、ハンサムメイクで勝負してるみたい。

今回は、ワンランク上のオシャレを目指す女性のための、ハンサムメイク術をご紹介します。

ハンサム女子ってどんな女子!?

キュートなイメージの女の子らしいメイク、男性受けの良いモテメイク、今まで色んなメイクを試してきたけれど、いまいちピンと来ていない女性に朗報です!
これからは、媚びない女性を演出し、個性を大切にした「ハンサムメイクの」時代ですよ♡

甘すぎないハンサムメイクを取り入れれば、自分そのものの良さを最大限に活かしたハンサム女子に大変身できるかも。
誰の色にも染まらない、自分の個性を大切にしたハンサムメイクで、自分で自分を好きになりましょう♡

女性らしいメイクにちょっとこだわりをプラスするだけで、ちょっぴりボーイッシュなハンサムメイクが完成します。パーツごとに自分の個性を盛り込んで、さらに男性っぽい格好よさを取り入れたハンサムメイクは、媚びない女性の憧れの姿を叶えてくれること間違いなし。

それではハンサムメイクって一体どんなメイクなのでしょうか?
ここからは、ハンサムメイクのやり方について見ていきましょう。

媚びない女性のハンサムメイク術①超重要なハンサム眉

最初にご紹介する媚びない女性を演出するハンサムメイク術は、眉メイクについてです。ハンサムメイクをするにあたって、眉メイクが最も重要な部分だと言っても過言ではありません。細いラインで描くいわゆる女性らしい眉はもう卒業!ハンサムメイクの眉は、濃く太くが基本になってきますよ。

眉毛を描く際、実はリキッドのアイライナーを使うと、キリっとしたハンサム眉が作りやすいのだそう!眉尻部分にだけリキッドアイライナーを使って、シュッとした雰囲気に仕上げましょう。そして眉の中央部分は眉ペンシルを使ってしっかりと描きます。このとき、まっすぐと伸びたストレート眉を意識すると、よりハンサム感がアップしますよ。
そして最後に眉頭から眉全体にかけて、アイブローパウダーで仕上げていきます。
目頭部分はアイブローパウダーのみを使用することによって、眉が重たい印象になり過ぎず程よいハンサム感を演出してくれるでしょう。

眉尻から眉頭にかけて、グラデーションを作るイメージが大切!
濃く太いストレート眉を描くだけで、ハンサム顔に大変身できちゃうかも。

媚びない女性のハンサムメイク術②ハンサムアイの作り方▶クール系カラーを使おう

次にご紹介する媚びない女性を演出するハンサムメイク術は、クール系カラーを使ったアイメイクについてです。ハンサムアイに仕上げたいなら、チョイスするカラーはクールテイストなものがおすすめ。中でも、寒色系のネイビー・グリーン・グレーなどメンズライクなイメージの強いカラーを使えば、シャープでスタイリッシュな目元を演出してくれます。

クールテイストなカラーは色が強いものが多いので、アイホール全体に使用してしまうと、どうしても派手メイクになりがちです。
それを避けるためには、目尻にのみにカラーを入れるのがポイント。
アイホール全体にはいつも通りのナチュラルカラーを使用して、目尻にのみにクールなカラーをのせると、立体感ある目元を演出することができます。

さらにそこにゴールドやシルバーのグリッターをプラスすれば、キラッと輝く印象的な目元が完成。
派手過ぎないのに目を引くハンサムアイが、メイクの主役になってくれるかも。

媚びない女性のハンサムメイク術③ハンサムアイの作り方▶あえてのカラーレスがクール!

次にご紹介する媚びない女性を演出するハンサムメイク術は、あえてカラーレスで仕上げる目元についてです。ラメのみのアイシャドウや、淡いカラーのアイシャドウを使用したカラーレスメイクを取り入れて、ナチュラルメイク完成!
あえて色を使わずに目元をナチュラルに仕上げることで、頑張り過ぎない自然体の女性を演出し、オシャレでハンサムな印象を与えてくれます。

さらに、カラーレスでアイメイクを仕上げることで、ハンサムメイクの命とも言えるハンサム眉を強調。眉を強調してアイメイクで抜け感をプラスした、引き算メイクの完成です!
カラーレスメイクにはちょっぴり抵抗がある……なんて時は、使用するアイシャドウ・アイライナー・マスカラなどをすべて同じメーカーでそろえるように心がけましょう。
同じメーカーのものであれば色味が似ている物も多いため、まとまりのあるスマートな目元に仕上げてくれますよ

ハンサム眉を主役にした、ナチュラルメイクに挑戦したいなら、あえて色を使わないカラーレスアイメイクを取り入れてみましょう。

媚びない女性のハンサムメイク術④ハンサムアイはアイラインで決まる!

次にご紹介する媚びない女性を演出するハンサムメイク術は、アイラインについてです。カラーメイクであっても、カラーレスメイクであっても、アイラインはマスト!その為その引き方にも工夫が必要なようです。

アイラインはしっかりと引くのがポイント。
とことんクールでハンサムな目元に仕上げたいなら、リキッドのアイライナーで上下の目際にラインを入れて囲ってしまいましょう。その時、ラインは少々長めに引いてキリっとした目元を演出。囲みラインは太いラインで描くと化粧下手に見えてしまう事もあるので注意が必要です。アイラインはあくまでも、細く長くを意識するようにしましょう。

一方、目元にちょっぴり女性らしさをプラスしたいなら、ペンシルのアイライナーをチョイス。ペンシルのアイライナーならリキッドに比べるとソフト印象に仕上がるため、ちょっぴり優しいイメージの目元が完成します。
ペンシルのアイライナーで長めのラインを入れることで、大人の女性の目元を演出しましょう。

媚びない女性のハンサムメイク術⑤ハンサムリップはマット仕上げ

次にご紹介する媚びない女性を演出するハンサムメイク術は、リップメイクについてです。ピンクのプルプル唇はもう卒業!ハンサムメイクでは、クールな印象のマットタイプのリップがマストです。

更に、チョイスするカラーは、ボルドーなど暗めの赤がおすすめ。暗いカラーのマットリップなら、ハンサムな口元を演出してくれること間違いなしです。

また目元をカラーレスに仕上げた場合、それに合わせて口元もあえてカラーレスに仕上げるのも◎。
ベージュ系やブラウン系のマットリップを取り入れれば、カラーレスを意識したオシャレな旬顔が完成します。

媚びない女性のハンサムメイク術⑦指先まで格好良く!ハンサムネイル

beauty.hotpepper.jp

最後にご紹介する媚びない女性を演出するハンサムメイク術は、ネイルについてです。
ハンサムメイクで仕上げたいなら、指先にも手を抜かないのが鉄則!
ネイルもハンサムネイルに、ブラッシュアップさせましょう。

その時おすすめのカラーは、ネイビーやグリーン、グレーやブラック、メタリックなどのクールカラー。
ワンカラーでその色の良さを楽しむのも良いですが、マットに仕上げるとよりクールな印象に仕上がります。また、パーツをプラスしたい場合にはスタッズを取り入れて、とことんスタイリッシュな指先に仕上げてみましょう。
媚びない女性を演出する、ハンサムメイクをご紹介しました。
ハンサムメイクを取り入れることで、オシャレ度の高い大人の女性に近づくことができそうですね。
いつもの甘めメイクに飽きてきたら、ハンサムメイクを取り入れることで、新しい自分を発見してみましょう!

【関連記事】可愛いメイクに飽きたら「知的ハンサムメイク」を試してみて♡

♡4MEEE magazine Vol.1 p.90〜「アラサーメイクこれが正解!」同じ女性から見ても思わず憧れ...

ハンサム メイク 女性

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる