「恥ずかしくて水着を着られない」から卒業!へその悩みの解消法3つ

「恥ずかしくて水着を着られない」から卒業!へその悩みの解消法3つ

BEAUTY

普段、見えることが少ないへそですが、へその形などで悩んでいる女性は意外と少なくありません。

夏場などは見せる機会も出てくるので、できればへそも綺麗にしたいですよね♪

へその悩みは、臭いや形など人それぞれ。一言にへそといっても、多くの悩みがあり、その解決法も変わってきます。
今回は、そんなへそに悩んでいる方必見!
悩みごとの原因やその解決方法など、へそについて詳しくご紹介していきます♪

普段は見えない部分……でも、へその悩みを解決したい!

普段見える部分でも、見えない部分でも、やはり自分の体のことは気になってしまうもの。
へそに対しても、意外に悩んでいる女性が多いのです!

水着の時にチラッと見えるへそが綺麗だと、水着姿も美しく見えますよね♡

しかし、へそについて悩みがあっても、なかなか周りに相談しにくいものです……。
そもそも共感を得られることも少ない可能性があります。

でも安心してください。
原因にもよりますが、へその悩みは解決できることの方が多いそうですよ!
自分の悩みに合わせて、できることからやってみましょう♪

へその役割

実はへその役割は、生まれた瞬間から全くないのだそう!?

では、どうしてへそがあるのかというと、お母さんのお腹の中に入っている間に、お母さんから酸素や栄養素を送ってもらうための管が通る部分なんですね。

つまり、お腹の中にいる間はとても重要で、なくてはならないものですが、生まれてきた後は、もう役割はないのです。

お腹の中にいる間はお母さんとつながっていた部分ですが、生まれた際に人工的に取られるか自然に取れるかなどして、結果的にへそが残るのです。

生まれた後にはへその役割はありませんが、お母さんのお腹に中にいたという大切な証でもありますよね。
そんなへそは、やっぱり自分の体の大切な一部と言えるでしょう♡

解決したいへその悩み①臭い

体の臭いはとても気になるもの。
ワキや足と同じように、へその臭いに悩んでいる人もいるそうです。

そもそも、へそはどうして臭ってしまうのでしょうか。
へその臭いの原因は、皮脂や流しきれなかった石鹸などがへそに固まってしまって、引き起こされるようです。

へそに残っている汚れを細菌などがどんどん分解していくため、嫌な臭いを発するといわれています。

へそに黒胡麻のような汚れが固まっている人は、注意が必要です。
へそは意識しないと、体を洗っていても、きちんと洗えてないこともあります。
形からしても汚れがたまりやすいのだとか。

黒胡麻のような塊には、便器の水の約4000倍もの汚れが詰まっているのだそう……!
これにはちょっと衝撃ですよね。

へそは、清潔にしていないと黒胡麻のような汚れの塊ができてしまい、それが原因で臭いを発することもあります。
体を洗う際は、へそも意識して、優しくきちんと洗いましょう♪

解決したいへその悩み②痛み

お腹が痛い!と思ったら、へその痛みだったということもよくあります。
へその痛みの原因は、小さいものから大きいものまでさまざま。
お腹周りのことなので、原因がわかりにくいという点も特徴です。

へその痛みの1つ目の原因は、汚れの塊。
へその外側が痛いと思ったら、汚れが固まっていないか確認しましょう。

へその汚れは、黒胡麻くらいの塊程度であれば、自分でも取ることができます。
しかし、放置しすぎて汚れが硬直してしまうと、自分ではなかなか取ることができず、最悪、手術が必要になることも……。
そうならないためにも、定期的にケアをしましょう。

2つ目の原因は、便秘も考えられます。
へその内側が痛む時は、便秘が原因かもしれません。
ただし、便秘が改善したのにへそが痛む場合は、また違う原因があるかもしれないので、きちんとお医者さんに診てもらいましょう。

考えられる3つ目の原因は、内臓の病気です。
内臓の病気がへそに影響を与えてる場合があります。
自己判断ではわからないことが多いので、お医者さんにきちんと診てもらうようにしましょう!

解決したいへその悩み③膿や汁

へそから液体が出てきた!
そんな経験はありませんか……?

特に、へそピアスなどをしている方にとっては、珍しいことではないようです。

へそから出てくる液体の正体は、膿の可能性があります。
膿が出てくるということは、何らかの炎症や病気の可能性があります。
なるべく早くお医者さんに診てもらうようにしましょう。

膿がでてしまう原因は、へその炎症と臍炎(さいえん)です。
臍炎とは、へそに汚れが溜まり、へそをいじりすぎたことで炎症を起こしてしまっている状態のこと。
この場合、へそに赤みや痛みがあるなど、膿以外にも症状が出てくるでしょう。

それ以外で膿が出ている場合は、別の病気も考えられます。

最初に説明したように、「膿が出ている=発症している状態」のため、何らかの理由があるはずです。
お医者さんへ行くなど、早めの対応をしましょう!

解決したいへその悩み④でべそ

でべそで悩んでいる女性も多いですよね。
でべそというだけで、水着に抵抗があったり、水着ファッションを思いっきり楽しめなかったり……。

そもそもなぜ、でべそになってしまうのでしょうか?

へそは、お母さんのお腹から出てきた時には、すでに役割を果たしています。
通常は、切れてしまったへその緒の穴を、固い筋幕が覆い、へそになります。
しかし、その時に穴がうまく塞がらなかったり、膨らんだまま塞がってしまったりすると、でべそになってしまいます。

よく聞く臍ヘルニア(さいヘルニア)とは、塞がれずに脂肪が出てきてしまっている状態のことをいいます。

しかし、大人になっても臍ヘルニアが治らないという方は、約1割ほどだそう。
でべそや臍ヘルニアを治す方法は、手術しかないともいわれています。

思い当たる方は、一度専門医に診てもらうと良いですね。

解決したいへその悩み⑤形

綺麗なへそを目指すなら、形もとても重要になってきます!
人によって、縦長横長など、それぞれ異なりますね。

ほとんどの女性は、縦長のきれいな形のへそに憧れます。
生まれつきへその形が決まってしまっている場合もありますが、体型で形が変わることもあるそうです!
痩せたらへその形がきれいになった!なんて話もあるようですよ♡

横長のへその場合、お腹のお肉のせいで横に伸びてしまっている可能性も……。
また、全体的にお肉があるとたるむため、へそが上から押されて、潰れている状態も考えられます。
痩せたらへその形がきれいになったという方は、これが原因だったのかもしれませんね!

へその形を縦長にしたい時は、へその周りの筋肉をつけると良いそうです。
へその周りの筋肉を鍛えるには、インナーマッスルのトレーニングをしましょう。

腹筋に力を入れたまま10秒間息を吐くというのを1日5セットやるだけでも、インナーマッスルを鍛えられるそう。
これなら簡単に始められますね!

美へそのために、スキマ時間をつかって試してみてくださいね♪

へその悩みを解決する方法①綺麗にする

臭いや炎症を起こしてしまう前に、へそを清潔にしてあげることも大切です。
清潔を保つためにも、へその掃除を定期的に行いましょう♪

一番大切なのは、毎日お風呂で洗うこと。
力を入れすぎると炎症を起こしてしまう可能性があるので、優しく泡で洗いましょう。

もしも汚れがこびりついてしまっている場合は、ベビーオイルやクリームなどをかるく塗り、少し経ってからお風呂で洗ってあげると、取れやすくなりますよ♪
綿棒などできれいに拭き取っても良いでしょう。

へその皮膚は、とてもデリケートです。
そのため、炎症を起こしやすいので、へその掃除は多くても1週間に3回くらいにしておきましょう!
また、掃除をした後やお風呂の後は、タオルやティッシュできちんと水分も拭き取りましょう♪

へその悩みを解決する方法②病院に相談する

どうしても臭いが取れない場合や、膿などが出てしまっている場合は、病院に行くのことがおすすめです。
病院では、へそをきれいにしてくれたり、薬を出してくれたりなど、なんらかの処置をしてくれるでしょう。

また悩みの原因も、病院ならわかると思うので、やはりプロに任せるのが1番です♪

まれに大きな病気をかかっている場合もあるので、少しでも何か症状があった場合は、いち早く病院に行くのが良いでしょう。

へそのことで病院に行きたい時は、症状にもよりますが、基本的には皮膚科、または整形外科がおすすめ。
どこへ行けば良いかわからない方は、近くの皮膚科または整形外科などに、あらかじめ電話で症状を話し、対応できそうか聞いてみると良いでしょう。

へその悩みを解決する方法③美容外科クリニックに相談する

でべそで悩んでいる方や、へその形で悩んでいる方は、美容外科クリニックへ相談してみることも一つの方法でしょう。

今のところ、でべそは手術でしか治すことができないのだそう。
どうしても治したい方は、カウセリングを受けてみましょう。

最近はでべその手術の場合、ほとんどのところで入院が不要なんだとか。

主な美容外科クリニックをご紹介します。

全国にいくつものクリニックを展開する、湘南美容外科クリニック。
ホームページを見てみるだけでも、でべその原因から手術例、そして実際に手術した方の声などを見ることができます。
気になる方は、一度チェックしてみましょう。

形が気になるという方は、運動などでお腹周りを鍛えてみて、それでも効果がない場合は、美容外科クリニックに頼るというのもありですね♪

湘南美容外科クリニック - でべそ手術とは

今回は女性の悩みのなかでも意外に多い、へそについて詳しくご紹介しました。
へその悩みは人それぞれ。もちろん解決法も変わってきます。

へそは普段あまり見せることがない部分ですが、夏場などは露出する機会も増えますよね!
へそが綺麗になるだけでもテンションが高まり、自信につながるでしょう。
あなたも、美へそを目指してみませんか?♪