恋愛初心者がオンナに目覚めるためにやるべきこと♡

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第47弾】
今までとは気分を変えてもっと大人っぽい恋愛がしたくなった!私、恋愛を通して大人の世界が知りたいの!
20歳を過ぎてきたぐらいからこんな願望が湧き上がってくる方もいるのではないでしょうか??今回は、恋愛初心者がオンナに目覚めたくなった時にやることをご紹介していきます!

斎藤美海
斎藤美海
2021.05.17

いつでも脱げるカラダを作る

カラダ作りと恋愛は密接な関係にあります!

おせっかいなことを言うと割と多くの女性が肌とは最も遠いパーツ(まつ毛やネイルや洋服)に時間とお金をかけるのに、肌のケア、体型を綺麗に保つケアに気をかけないのはとてももったいなく感じます。男性はどこを見ているかというと、女性の肌と裸の綺麗さを見ていますし、そもそもソレしか興味がないと言っても過言ではありません!

手足がムダ毛でジョリジョリしたり、肌がカサカサで荒れてしまったり、ムダな脂肪がついているとしたら、お金と時間を改善することにかけたほうが確実に男性ウケは良くなります。

あと、理想のカラダと女性像をイメージするのって結構大事です!インスタで憧れの体型をしているモデルさんや芸能人などの写真を探してきて、ホーム画面やいつも見る場所に飾っておいて、私はこうなるんだ!って心に決めて、いつでも脱げる綺麗なカラダを作り上げていくと、自分にも自信が持てるようになりますね!

服屋さんと美容室に行って大人っぽく変身する

「モテファッション」「モテヘア」「モテメイク」の考え方を覚えておくときっと今後も役に立つと思います!

通常は自分の好みで、洋服、髪型、メイクを選ぶと思います。その格好は自分が好きなのは明らかですが、他人も好きと思ってくれるかどうかは分からないものです。実はここに「他人目線」を含めると外見を使った印象操作が出来るようになるのです!

私がよくやるテクニックをご紹介すると「知的な女性」に見られたい時は前髪を伸ばしてオデコを全開にして微笑むぐらいの表情を作ります。「万人ウケ」がしたいなという時には前髪を切ってオデコを隠して歯を出して笑います。「モテる」って実はテクニックなんです。モテたい相手が好きそうな外見、表情、仕草、声のトーンなどを作って、モテたい相手の心に響きそうな発言を研究して言えばいいだけです。それが出来るようになると、モテたい時にモテたい相手にモテることが可能になります。

話は戻って今回は「オンナに目覚める」という明確なテーマがありますよね。モテたい相手は年上の色気があってかっこいい男性!ってイメージでしょうか??
そうすると、洋服はピンクや淡い色の洋服を卒業して、もっと大人っぽくてモードなお姉さんの服に着替えるのがいいかもしれません。洋服を買うお店も変えたほうがきっといいですね。ボディラインが綺麗に見える、大人っぽくてちょっとゴージャスな服を年上のセンスがいいお姉さんやかっこいい男性の店員さんに探してもらうと変身しやすいです!

美容室に行く時は男性美容師さんを指名して「オンナっぽくしたいです」「大人の恋がしたいです」ってオーダーをしたらいいと思います。メイクに自信がなければ、百貨店に入っているようなお化粧品のブランドがメイクレッスンをしていることがあるので、受けに行ってみるといい勉強になりますよ。プロの力を借りてプロの意見を聞きながら新しい自分を作っていくと間違いないんですね!

夜遊びできる女友達と飲みに行く

色っぽい大人の男との出会いを現実化するコツについてご紹介します。

先日、22〜23歳ぐらいの女子のインスタを覗いていたら「だいたい、ディズニーランドか居酒屋にいない?」という感想を持ちました。もしくは、ナイトプールでしょうか。同世代の女子と楽しむのもいいですが、上記のような場所に大人のいい男はあまりいるとは思えません。大人の男と出会える場所は、東京でいうと、ほとんどが港区に集中していると思います。終電付近か終電過ぎの港区界隈のバーとか、暗い時間と暗い場所に出会いってあるものです。
稼いでる男性たちは男同士で飲みに行く習慣があるので、終電過ぎの時間帯を狙って、六本木、西麻布、恵比寿あたりのバーに女友達と出掛けて行ったらいいと思いますね。友達の紹介を辿って遊ぶ人を増やしていくのは確実に出会えるサイクルに身を置くことになります。

若い頃に自分のお金で遊んでも大してお金を持っていないのだから、遊べる範囲も遊び方も限られてしまいます。港区に遊びに行けば、大人の男性達に遊ばせて貰えて、刺激が沢山ありますよ。しかも大人のいい男なら若い子にお金を払って貰おうなんて考えていません。若い女子ってだけで、ほぼ無料になります。
ですからその特権を使える時に使い倒したほうがいいのです。夜の街に遊びに行くのは、出会いも刺激もあって楽しくて運気が上がります。疲れるか飽きるまで遊び切ったほうがいいですね〜!

港区では、当たりくじを引く場合もありますし、外れくじを引く場合もあるかと思いますが、色んな男性と出会っていかないと女性自身が目利きになっていかないのです。アラサーになる頃には「いい男」がどういう男性なのか分かるし自ら選べるって状態になっていると最高です。そのために20代前半から港区で出会いの経験値を積むのがおすすめ!

大人の男から学ぶべきもの

大人の男と出会って口説かれたりしながら若い女子が何を吸収してどんな関係になったらいいのかというのを、最後に書きたいと思います。観察しながら、超もったいない!と感じるのが、せっかくの出会いを男と女だけの関係で終わらせてしまうことです。一夜限りの関係や短期間の関係ってことですね。

あと、すごいお金持ちの男性の前で「選ばれたい」と思って、女性側が私をみてみてアピールするのも裏目にでます。お金持ちはそういうアピールには慣れているというかもはや飽きているのです。
本気で選ばれようとしたら他の女性とは差別化していかないといけません。多くの人がミーハー対応をしてしまうだけあって、お金持ちは自分の正体を明かしたとしても普通に接してくれて、自然体でいられる女性が好きになるのです。

なぜ多くの女性が「私をみてみて女子」になってしまうかというと、彼女たちのゴールがいい男と結婚するぐらいのところにしかないからです。昔はそれでもやっていけたんです。でも今は時代が違います。お母さんが持っている結婚観や男性への対応を丸ごと真似していたのではしくじります。

私達はこれから100年働き続けるような時代に生きることになります。1人が肩書きを5つ、10つと持つような時代に確実に向かっているんだそうです。ですから今のうちから、興味を持つものを自分を綺麗にみせるための道具だけではなくて、どのように生きていくか、キャリアをどのように作っていくか、ということに拡げていったほうが将来おトクです!

夜遊びしている男性というのはそれだけ稼いでいる男性でもあるので、飲みながら男同士でしている会話をよく聞いておくと社会勉強になりますよ。経済の勉強や人付き合いの勉強にもなりますよね。そのうちその会話に入れるぐらいになっていくとさらに良いです。

私は若い頃に出来る男と散々デートしたり飲み会にも行きましたがその目的は明確でした。出来る男から仕事スキルを盗んで自分のものにしたかったんです。
いつでもメモが出来るようにノートを持ち歩いて飲み会に行って知らないことは知らないと言って気になることは質問して「なんか、取材みたいだね」って言われた日もありました。22歳ぐらいですかね。若い女子のルックスと特権を使い倒したところ、そうなってしまいました。

「女性としても魅力的だけど君の価値はそれだけじゃないよね」と男性に言われることを目指すと成功します。遊びの場で出会った関係も自分の努力次第でいい人間同士の関係に変えていけますよ!

次回、斎藤美海さんの恋愛コラム記事【第48弾】は、8/30(土)21時配信予定!

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。