逆に老けて見える!?アラサーだからこそ見直したいメイクポイント

Cover image: weheartit.com

10代後半〜20代前半までは、ファッションだけではなくメイクも好きなものに挑戦できましたよね。
しかしある日を境に突然「あれ?老けた?」「メイク似合ってないよ」と言われることが……!
そう言われる前に、まずは最近友人などと撮った写真を見直してみましょう。

顔が大きく写っていませんか?なんだか汚い写り方になっていませんか?
思い当たるのであれば、それはメイクを見直すタイミングかもしれません。
今回は、アラサーで見直すべきメイクポイントをご紹介します。

アラサーが見直すべきメイクポイント①遠心顏?求心顏?

weheartit.com

人には遠心顔と求心顏というパターンがあるそう。
人によって違うのだそうですが、それぞれに似合うメイクがあります。

やたらむやみにメイク法を意識するよりも、まずは自分の顔のタイプ・パーツの配置を研究することが大切♡

コスメカウンターに行って、客観的に似合うメイクを提案してもらうのもおすすめですよ♪

アラサーが見直すべきメイクポイント②ベースメイクは肌に合ったものを

weheartit.com

「なんとなく」でベースメイクのカラーを選んでいた20代前半。
しかし、人には人に合ったカラーのベースメイクがあるんです!

自分に合ったカラーのことを「パーソナルカラー」といいます。
これは時折雑誌に載っているカラー診断であったり、パーソナルカラーを診断してくれるアナリストさんに頼ってみたりすると、どのカラーが似合うかわかります。
まずは自分の髪の色、肌の色にあったファンデーションを使い、肌に浮かないカラーをチョイスしましょう♪

また20代では何度もファンデーションを塗り直して、マットな質感にしていたかもしれません。
しかしアラサーからは適度にツヤ感のあるファンデーションを選ぶのがおすすめ。

マットなものを使い続けていたとしても、クリーム状のハイライトを使うなどして、ツヤ感を意識してみましょう♡

アラサーが見直すべきメイクポイント③自分に合った眉にする

weheartit.com

そのときによってトレンドの眉というものもあるかもしれませんが、これも自分にあった眉を見極めることが大切です!

眉頭の位置はあっていますか?眉を描きはじめるポイントはわかりますか?

眉をはじめる位置は、小鼻あたり。
眉山は黒目の終わり〜目尻らへんの間です!
自分の顔とにらめっこして、眉の太さ、薄さをしっかりと研究しましょう♪

その上で、トレンドの眉の形を取り入れていくのがおすすめです。

アラサーが見直すべきメイクポイント④アイラインはブラウンがおすすめ

weheartit.com

度のすぎたアイライン(キャットラインや極太ライン)は、アラサーメイクに適していません。
アラサー感を出しつつも若く見えるのは、ブラウンのラインを使用すること♪

薄めにあまりアイラインを引いた感じを出さないように気をつけましょう。
目尻は少し流す程度で、綿棒でぼかすと自然な感じになります。

リキッドよりも柔らかいペンシルのアイライナーを使うと、目元を引き締めつつも優しい雰囲気になれますよ♡

アラサーが見直すべきメイクポイント⑤リップ&チークは入れ方に注意

weheartit.com

リップやチークは、肌馴染みの良いカラーを選ぶのがポイントです。
最近ではベージュチークなどもあるようなので、メイクに合わせて変えてみてもいいかも!

チークは頬骨から斜め下に流してシェーディング効果を狙ってください。
丸く乗せるチークよりも断然大人っぽく、自然に見えるので、アラサーメイクに適しているんです♪

リップは「濃いめ」を意識しないこと!
ナチュラルに馴染みの良いカラーを使いながら、ふっくらとした唇に見えるメイクを心がけましょう。

元のリップカラーを活かしつつ、明るく仕上げてくださいね♡
いかがでしたか?
自分に似合うメイクが重要になってくるアラサー世代。
たまにはこれまでのメイクを見直してみるのも、いいかもしれませんね!

【関連記事】なんか可愛くなった?をGET。パッと華やかに見える輝きメイク術♡

みなさんは久々に再会した友達に「あれ、なんか綺麗になった?」と言われたことはありますか...

アラサー メイク 見直す ポイント

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Misaki

>もっとみる