春に急増する「ゆらぎ肌」にご用心!美肌を守る正しい対策方法

暖かくなり、コートが要らなくなる春は、私たちにとって過ごしやすい季節ですよね。
しかし、お肌にとっては負担がかかる季節であることをご存知でしょうか?

冬から春になる季節の変わり目は、「ゆらぎ肌」に悩まされる女性が急増!
そこで今回は、ゆらぎ肌から美肌を守るための対策方法をご紹介いたします。

ゆらぎ肌とは?

ゆらぎ肌とは、その名の通りお肌がゆらいでいる状態です。
季節に関係なく、一時的に不安定な状態にあるため、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

ゆらぎ肌はいつでも起こり得る症状ですが、特に冬から春にかけてや、夏から秋にかけてなど、季節の変わり目になりやすいんです。
そのままにしておくと、肌状態はどんどん悪化してしまいます。
一時的な肌トラブルとは言え、その後のケアによっては一生のお悩みになってしまうことも。

だからこそ、ゆらぎ肌からお肌を守るために、正しい対策方法を取り入れていくことが大切です。まずは、春にゆらぎ肌になる原因と、主な症状を見てみましょう。

春にゆらぎ肌になる主な原因

それではまず、春にゆらぎ肌になる主な原因を見ていきましょう。

・気温差や空気の乾燥
・花粉など外部刺激の増加
・紫外線の急増
・環境変化によるストレス

上記が、春にゆらぎ肌で悩まされる原因の多くです。

春の天気は非常に気まぐれで、暖かくなったと思ったら急に寒くなったりしますよね。
その変化にお肌が対応できず、普段よりも刺激に弱い状態に陥っています。
また、春風によって花粉やほこりがお肌に付着しやすく、毛穴が詰まりやすくなるのも原因です。

これらに加え、春は新生活が始まるために環境の変化に影響される女性も多く、意識していなくても自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなり、ゆらぎ肌を引き起こしやすくなることが考えられます。
このことから、季節の中で最も春がゆらぎ肌を引き起こしやすいと言われているんです。

どんな症状が出てしまうの?

ゆらぎ肌になるとどんな症状が現れてしまうのか、チェックしておくことが大切です。すぐに対応できるよう、確認しておきましょう。

・ニキビができる
・いつも使っている化粧品に刺激やかゆみを感じる
・ピリピリする
・乾燥がひどい
・肌がべたつく
・化粧のりが悪い
・肌がくすんで見える


敏感肌に似た症状ではありますが、ゆらぎ肌は“一時的なこと”であるのが特徴なので、「最近は悩まされていなかった」「今までなったことがない」と言う女性も、対策が必要です。
そのままにしておくと、お肌のバリア機能がどんどん低下し、シミやシワの原因にもなってしまうので、お肌のチェックはこまめに行いましょう。

美肌を守るゆらぎ肌の対策方法①負担をかけないケアへシフト!

冬は乾燥ぎみだったお肌も、春になっていくと代謝が活発になり、皮脂がたまりやすくなることで、ゆらぎ肌を引き起こします。
だからと言って、クレンジングや洗顔でゴシゴシ擦ることはNG。
外部からの刺激に弱い状態にあるので、内側から潤いを逃さないよう、なるべくお肌への負担を取り除くケアで対策しましょう。

クレンジングは、力の入りにくい中指と薬指を使ってクルクルとなじませてください。そうしてメイクを落とせば、お肌全体に圧力がかかるのを防ぐことができます。
洗顔は、とにかくたっぷりと泡立て、その泡で肌の上を転がすように洗ってみてください。

ポイントは、「優しく、丁寧に」ケアをしていくこと!
お肌をいたわる気持ちで、触れてみてくださいね。

美肌を守るゆらぎ肌の対策方法②徹底した保湿をする

ゆらぎ肌対策として一番大切なことは、「徹底した保湿」です。
保湿がしっかりされていない状態だと、お肌本来に備わっているバリア機能がどんどん崩れてしまいます。

ゆらぎ肌に備えて、洗顔後の化粧水は二度付けがおすすめです。
一度化粧水を浸透させたら、もう一度化粧水で押し込むようにお肌へ浸透させてみましょう。
そして、すぐに美容液やクリームで蓋をしてあげることがポイントです。

化粧水や美容液に含まれている成分としては、保湿効果が一番高いといわれている「セラミド」が配合されているものを選ぶといいですよ!

美肌を守るゆらぎ肌の対策方法③紫外線対策を怠らない

冬から春にかけて忘れてしまいがちなのが、紫外線対策です。
一年中紫外線が降り注いでいることは、皆さんもご存知だと思いますが、3月~7月にかけて紫外線量は急激に上昇していくことはご存知ですか?

一年中紫外線対策は欠かせませんが、特に春先は、紫外線の対策方法を見直すことがおすすめです。
冬の間は、SPF値が20~30と低いものを使っている女性が多いと思いますが、紫外線が急増する3月からはもう少し高い値のものを使ってみるといいですよ。

なるべく紫外線吸収剤の入っていないものを選び、1日中外出する際は午前と午後で塗り直すなどしてケアをしてください。お肌に負担をかけずにゆらぎ肌を改善しましょうね。

美肌を守るゆらぎ肌の対策方法④外部刺激をシャットアウト

春先は、春風とともに花粉や黄砂、PM2.5、埃など、お肌に刺激を与える外部要因がたくさん舞っています。
舞ってきた花粉たちがお肌に付着してしまうと、毛穴を塞いでしまい、ニキビやかゆみを引き起こしてゆらぎ肌の原因に……!

対策方法としては、マスクでシャットアウトすることがおすすめです。
外部の刺激から顔全体を守ることは難しくても、大きめのマスクをすることで顔の半分は守ることができますよね。

そして、外出時は羽織れるものを持ち歩いて備えておくと、ふと風が強くなったときに身を守ることができますし、気温差によるダメージからも防ぐことができますよ。

美肌を守るゆらぎ肌の対策方法⑤抗酸化効果のある食材を摂る

ゆらぎ肌は、体の免疫力とも深く関係しています。
体に免疫力が備わっていないと、新陳代謝が悪くなってしまうので、お肌のターンオーバーにも影響を与え、ゴワつきや吹き出物といった原因を引き起こしてしまうんです。

そのため、体の内側からバリア機能を回復させるために、抗酸化成分を摂り入れた食事にするよう心がけてみてください。
抗酸化物質には、紫外線ダメージなどから守ってくれる働きがあるんです♪

バランスのいい食事を第一に考えつつ、高い抗酸化作用があるトマトやブロッコリーなどを積極的に摂っていきましょう。
また、美肌に繋がるビタミンをしっかり摂ることもゆらぎ肌対策のポイントですよ。

美肌を守るゆらぎ肌の対策方法⑥冷えを防ぐ

体の内側から行うゆらぎ肌対策として、食事だけでなく毎日湯船に使って冷えを防ぐことも有効な手段です。

私たちの体は、リンパの流れによって大きな影響を受けています。
体が冷えてしまうと血行が悪くなり、リンパの流れが滞ってしまうんです。
リンパが滞ると、お肌に充分な栄養が行き渡らなくなり、さまざまな肌トラブルを引き起こすことになってしまいます。

また、婦人科系の病気を引き起こす原因にもなるので、女性にとって体の冷えはとても怖いものなんですよ。
冷えを防ぐために、忙しくても湯船に10分ほど浸かることは欠かさないようにしてみてください。
血行が促進されることで、先ほどご紹介した「抗酸化成分を摂り入れた食事」の栄養素をお肌にしっかり届けることができます。

美肌を守るゆらぎ肌の対策方法⑦睡眠サイクルを作る

ゆらぎ肌を改善し、ゆらがない肌を作るためには、睡眠も大切です。
睡眠がしっかりとれていないだけで、翌朝のお肌の状態が悪く感じたり、イライラしやすくなってしまいますよね。

夜の10時~午前2時が成長ホルモンの分泌される時間帯で、「肌のゴールデンタイム」と言われていますが、働く女性にとってはそんなに早く寝れないこともあるでしょう。
その場合は、自分の中で就寝する時間を決め、毎日同じ睡眠サイクルを心がけてみましょう。
そうすることで、自分に合ったゴールデンタイムを作り出すことができます。

そして、良質な睡眠を心がけることも大切です。
就寝前は、スマホやPCの光をやめ、リラックスできる空間を作ってみてください。
リラックスしたまま眠りにつければ、翌朝のスッキリ感も全然違いますよ!
早めに対応したい「ゆらぎ肌」について、ご紹介させていただきました。
春は気温の変化や、環境の変化によって最もお肌が敏感になりやすい季節です。
そのままにしておくと、お肌も心も疲れてしまうので、早めの対策を心がけてお肌も心も守りましょうね♡

【関連記事】【春のゆらぎ肌対策】低刺激なスキンケアの方法を指南♡

春になって、なんだか肌が荒れやすくなったり、いままでのスキンケアに刺激を感じるようにな...

ゆらぎ肌 対策 原因

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる