専業主婦になりたい女子必見♡結婚退職のメリット&デメリット

女性誌を開いても、そこには社会で活躍する女性たちばかり……。趣味の延長で起業していたり、ワ―ママと呼ばれていたり。
最近は大声で「専業主婦になりたい!」とも言いづらくなってしまいましたよね。

どんなにライフスタイルが変化しても、今も昔も主婦に憧れる女性はいるでしょう。
ただし時代が違う以上、旦那さんだけにすべてを任せるわけにもいかなくなってきています。
そこで今回は「結婚退職」のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

結婚退職のメリット①「彼のサポートに集中できる」

俳優の山本耕史(やまもとこうじ)さんと電撃結婚をした堀北真希(ほりきたまき)さんは、宣言通りに主婦業を徹底されています。
芸能界では、結婚と同時に第一線から退く人も少しずつ増えてきていますよね。

結婚と同時に仕事をやめるメリットとしては、彼のサポートに集中できるようになります。

極端な例でいえば、彼が会社の社長をしていて、あきらかに毎日ハードワークが続いているのなら、アスリートの奥さんと同じく体調管理を徹底し、食事メニューも考えてあげる必要があるでしょう。

彼だけの稼ぎで十分暮らしていけるなら、サポート役に回っても問題はないはず……。

結婚退職のメリット②「退職をするきっかけになる」

働いている女性全員が今の職場に満足しているわけではありません。
最初のうちは「今の仕事が天職だと思えるように」という意気込みがあっても、次第にモチベーションも低くなり、3か月に1回くらい「辞めたいな、どうしようかな」という時期が来ていたのでは?

とはいっても実際に辞めようとすると「人出が足りていないからもう少しだけお願い」「今、君に辞められたら仕事が回らなくなる」と言われて、結局転職もできないまま、今に至っている人も多いでしょう。

そんな人にとって結婚は、今の職場から卒業するきっかけになります。
「結婚を機に辞めさせていただきます」と宣言をすれば、それ以上は上司も何も言ってこないでしょう。
ずっと仕事を辞めたいと思っていたなら、無理をして働き続ける必要はないのかもしれません。

結婚退職のメリット③「心の余裕を取り戻せる」

彼も承知のうえ専業主婦になれたのなら、今までとはまた違った日々になるでしょう。

今までは朝から晩まで自分との戦いで、体調が悪くても「悪い」と言えず、自分の言いたいことすらも我慢する毎日。

結婚をして仕事から離れられたら、まず心の余裕は取り戻せるでしょう。
ずっと辞めたいと思っていたのなら、なおさら今までの自分を称えてあげて、ゆっくり休むべきです。

仕事を優先する生活から卒業することで、新たな目標がみつかるかもしれませんね♡

結婚退職のデメリット「キャリアにブランクができる」

結婚退職には、もちろんメリットだけではなくデメリットもあります。
一番悩ましいのは、キャリアにブランクができること。

しばらくは結婚・出産・子育てに集中したいと思っていても、子育てが落ち着いた段階で再び仕事を探そうとすると、必ず「働いていない間に何をしていたのか」「どうして働き続けなかったのか」を質問されます。

女性に優しい社会になってきているとはいえ、未だに古い体制の会社が多くあるのも事実。

旦那さんの稼ぎが減ってきてから慌てるよりも、細く長くでもいいから働き続けることが必要になってきている時代なのかもしれません!
結婚を機に退職するかどうかは個人の自由。
どんな結論にしても、すべて自己責任なのです。
今後のライフプランを立てたうえで、彼と話し合い、そして自分自身のキャリアについてもよく考えましょう!

【関連記事】ストレスを軽減するために。「仕事切り替え術」を身に付けよう♪

仕事をしている人のほとんどがストレスを感じていると思います。ストレスを少しでも軽減させ...

結婚退職 メリット デメリット 寿退社 主婦

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる