ドカ食いしちゃった!48時間以内に食べ過ぎをリセット♡

BEAUTY

気をつけていたのに、美味しいものを目の前にしたり、ストレスが蓄積されると食べ過ぎてしまう!
こういうことは人間ならよくあることです。
もし食べ過ぎてしまったら、落ち込んでいる暇はありません!
落ち込まずに、48時間以内に食べ過ぎをリセットしましょう!

食べ過ぎても無理やり吐いちゃダメ!!

本気で食べ過ぎると、息をするのも苦しいほどにお腹がパンパンに……。
美味しかったはずのご飯は見たくもないし、早く胃の中からなくなればいいのにと思いますよね。
そして最悪なのが“吐き気”です。

吐き気が起きた場合、楽になりたいからといって指を突っ込んで吐くことは絶対にしてはいけません。
癖になって拒食症になってはいけませんし、食道や胃を痛めてしまいます。
食べ過ぎによる腹痛よりも健康に悪いので、それだけは避けましょう!!

では、食べ過ぎた直後の吐き気はどう対処すればよいのでしょうか?

食べ過ぎた後のリセット方法【直後】絶対安静!時には薬に頼る!

食べ過ぎても動ける場合は、ゆっくり散歩すると多少消化されるので、少しは楽になります。
動けないほど苦しい場合は、絶対に安静にしましょう!

お水を“できる限り”でいいので飲んで、右を下にして横になりましょう。
左にしてしまうと胃に余計負担がかかるので気持ち悪くなります。
横になっても気持ち悪い人は、立ったり椅子に座ったり、いちばん楽な姿勢をとって、治まるまで待ちます。

しかし、安静にしているだけじゃなかなか消化できません。
胃に負担がすごくかかっていると思ったら、胃もたれ等に効く消化を助ける薬を飲みましょう。
自然な嘔吐をしそうになったら、吐いても構いません。
ただし先ほど注意したように、無理やり指を突っ込んで吐くことだけはしないでくださいね!

食べ過ぎた後のリセット方法【24時間以内】ビタミンとカリウム、食べないのもアリ

では次に、食べ過ぎた翌日からの対処法についてです。
食べたものが体に反映されるまでには48時間かかると言われています。
ですので、食べ過ぎた翌々日までに何をするかで、あなたの運命はいかようにも変えられるのです。

翌日は食べないのもアリでしょう。
お腹が空いて、お水を飲んでも空いているようでしたら、食べましょう。
それまでは無理に食べなくても大丈夫です。

食べるときは、食物繊維やカリウムが多い食材を摂ることをおすすめします♪

食べ過ぎた後のリセット方法【48時間以内】バランスの良い食事と運動

いくら食べ過ぎても、24時間も経てば、さすがに空腹を感じるはずです。
お腹がすいたら食べてください。

その際に、ビタミンやカリウムを含む食材(野菜、豆類、青魚など)を取るようにすると、老廃物が排出されたり、脂肪を溜め込まないようにてくれます。
そのため、むくんだり、見た目が太ったりすることを防いでくれるんですよ♪

また、体を動かせるようでしたら、運動もOK!
食べ過ぎで蓄えたエネルギーを消費するチャンスです☆

食べ過ぎのリセット方法はいかがでしたか?
食べ過ぎた後って地獄を見ますよね。それほど苦しいし、後悔しか残りません。
そんな時、この記事のことを思い出して、少しでも楽になってくれればと思います◎